日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

短期集中で腹を凹ませる!「30秒ドローイン」の極意

「お腹を凹ませたい」なら腹筋運動よりドローイン!

第1回 ターゲットは張りを失った腹横筋

 松尾直俊=フィットネスライター

若い頃と較べて食べる量は減っているのに、なぜか30歳を過ぎると脂肪がつきやすくなるお腹周り。しかも、努力をしても落ちにくい…。そんな状態に悩むあなたのために、健康運動指導士の植森美緒さんが、男女どちらにも効果的な「腹凹ませ」の必勝メソッド「30秒ドローイン」を指南します!




 「まず、お腹周りに脂肪がつきやすい理由を考えてみましょう」

てっとり早くお腹を凹ませるにはどうすれば…。(© ljupco-123rf)

 こう話すのは、健康運動指導士で、ベストセラーとなった『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー)などの著書がある植森美緒さん。お腹周りに脂肪がつくのには、いくつかの要因が考えられるのだという。

 「お腹は体の重心に近いため、脂肪がつくと安定します。それにあまり動かさない部位なので、じゃまになりません。肋骨などにもさえぎられないですし、もともとサイズが大きいので、エネルギーとしての体脂肪を効率良く蓄えることができます。また、お腹の中には腹腔という空洞がありますから、そこにもストックしやすく、筋力が落ちた腹部を保護するために脂肪をつけたほうが有利、ということも考えられます」(植森さん)


お腹周りに脂肪がつきやすい理由
1. 体の重心に近いため、安定する
2. あまり動かさない部位なので、じゃまになりにくい
3. 肋骨などにさえぎられない
4. もともとサイズが大きいので効率よく蓄えられる
5. お腹の中には腹腔という空洞があり、ストックしやすい
6. 内臓の保護にも有利

 そもそも、人が体脂肪を蓄えるのは、食物をとれなくなった時にエネルギーとして利用するため。長い進化の過程で備わった、飢餓状態を生き抜くための機能なのだ。しかし、今は余程のことがない限り食べ物に困ることはない。しかも文明の発達によって、移動や仕事で体を動かすことも少なくなっている。緊急事態に備えた体の機能がアダとなり、食事で摂取したカロリーの余剰分が、体脂肪として蓄積されやすくなっているわけだ。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について