日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

コレステロール・油の真実

コレステロールと中性脂肪を減らす4つのポイント

脂質異常症といわれた人がすぐ実践すべきこと

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 ビジネスパーソンの多くが気にする、健診結果の「コレステロール」や「中性脂肪」のデータ。結果を見て「まじめに対策を考えないと…」と思っている人も少なくないだろう。今回は、コレステロールや中性脂肪が高い「脂質異常症」を予防・改善するための具体的な食生活を、脂質代謝や抗酸化物質に詳しい品川イーストワンメディカルクリニック理事長の板倉弘重さんに聞いていく。

「脂質異常」の人は、食生活をどう改善すればいいのか?

健診で中性脂肪やコレステロールが多いと指摘を受けた人は、食生活をどう改善していけばいいのだろうか。(©Shojiro Ishihara -123rf)

 特集の第1回では、「ここ数年で油の常識が変わってきたこと」を紹介した。健康な人なら油・脂肪の摂取の割合はもう少し増やしていい。しかし「脂質異常」がある人は違う。脂質や糖質をとりすぎている人が多いため、食生活の改善を考える際にはこれらのカットを考える必要が出てくる。

 そこで今回は、「脂質異常症」を改善、あるいは予防するためには、食生活をどう変えていけばいいのかを解説していく。

 特集のこちらの記事でも紹介したように、脂質異常症には、“悪玉”のLDLコレステロールが高い「高LDLコレステロール血症」、“善玉”のHDLコレステロールが低い「低HDLコレステロール血症」、そして中性脂肪が高い「高トリグリセライド血症」の3つがある。いずれも動脈硬化のリスク因子で、これらを放置すると動脈硬化が進んでしまう(こちらを参照)。

 「動脈硬化はかなり進行しないと自覚症状が現れないため、健康診断で脂質異常症といわれても放置する人が多いのです。しかし、動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳卒中を起こす可能性が高くなります。侮ってはいけません」(板倉さん)

健康診断の結果例(44歳男性)
見るべきポイントは、「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」「中性脂肪」の3つ。この場合は、高LDLコレステロール血症と高トリグリセライド血症に該当する
[画像のクリックで拡大表示]

 健診の脂質の数値は“血管からのお便り”だ。知らぬ間に動脈硬化が進んで重大な病気を起こしてからでは遅いのだ。

 脂質異常症は、遺伝的な要因によるケースもあるが、その多くは過食などの悪い食生活や運動不足などの生活習慣によるもの。健診でひっかかった人やだんだん数値が悪くなっている人は生活習慣を見直す必要がある

 脂質異常症の3つのタイプの中で多いのが、高LDLコレステロール血症と高トリグリセライド血症(中性脂肪が高いタイプ)だ。いずれも「食べ過ぎ」が大きな原因となる。一方、低HDLコレステロール血症は他の2つより少ない。こちらは食事より運動の方が効果的だといわれている。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について