日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

男と女の薄毛治療最前線

自分の細胞で髪の毛が甦る!?ここまできた毛髪再生医療

毛の成長や発毛に関わる細胞を培養して、毛を増やす、生やす時代へ

 中能泉=フリー編集者・ライター

最近、話題の「再生医療」とは何か、ご存じだろうか。再生医療とは、体の機能が損なわれた場所に適切な細胞を移植することで、機能を「再生」させて病気を治す治療法のこと。現在、体のさまざまな部位や臓器ごとに、基礎研究や臨床研究が進んでいる。毛髪の分野でも再生医療研究が盛んに行われていて、実用化が間近な研究もあり、「生えなかった場所に毛が生えるの?」「薄かった髪が増える?」と期待が高まっている。毛髪再生医療の最前線をお届けしよう。

自分の細胞を培養・移植して「植毛」の限界を突破

 「毛髪再生医療が2020年に実用化?」「毛髪再生医療が実用化寸前?」などの文字を新聞やネットで目にする度に、「薄毛に悩まなくていい日が本当に来るかも!」と期待に胸踊らせてはいないだろうか。再生医療は、自分の体の機能が損なわれた場所に、自分や他人の細胞を補うことで、細胞の再生能力を利用して病気を治そうとする医療のことだ。他人に提供してもらった血液細胞を体内に注入する「輸血」や、心臓移植などの「臓器移植」も再生医療の一種。これをさらに発展させ、培養した細胞を移植したり、臓器の一部をつくって移植することはできないかといった研究が今、急ピッチで進んでいて、一部は実現している。

 意外に感じる方もいるかもしれないが、毛髪分野でも、既に再生医療は行われている。自分の毛の細胞を自分に移植する「自家植毛」だ。後頭部など脱毛を起こしにくい場所の毛を採取して、額や頭頂部など生やしたいところに植え付ける。1本ずつ、毛をつくる細胞ごと移植するため、定着すればそこからまた新たな毛が生える。自分の毛を植えるので安全性も高い。

 とはいえ、これは後頭部の毛を前に持って来る、つまり毛の分布を変えるだけの方法にすぎず、毛髪の総本数が増えるわけではない。移植できる本数にも限りがある。毛髪が十分に成長せず産毛のまま抜ける、といった薄毛の原因が解決するわけでもない。

 毛は、毛包(もうほう)という、毛を取り囲む組織(器官)から生えてくる。毛包の数は限られていて、毛が生えない、もしくは生えなくなった場所には毛包がない。そこで、毛包の細胞を培養して増やし、それを移植することで、新たな毛をつくり出し毛の本数を増やせるのではないか。また、成長できずに産毛のまま抜けてしまう毛も、毛の成長を促す作用のある細胞を培養して移植することで、薄毛が改善できるのではないか。新しく始まっているのは、そんな研究だ。

 そのうちの1つが、東京医科大学皮膚科主任教授の坪井良治氏を中心とした研究チームで行われている。毛の成長に関わる細胞を培養して移植することで、毛の成長を促進させようという方法だ。坪井氏のチームが着目したのは、「毛球部毛根鞘(もうこんしょう)細胞(dermal sheath cup cells)」と呼ばれる細胞。毛をつくり出している「毛包」の中で、毛球のいちばん下の外側を鞘(さや)のように覆っている細胞で、頭文字を取り「DSCC」とも呼ばれている。

写真1◎ 毛球部の構造
毛包は、中心に髪の毛があり、そのまわりを毛包上皮系細胞と呼ばれる細胞が重なり合いながら取り囲んでいる。根元の毛球には、毛乳頭と呼ばれる細胞の塊があり、それを取り囲むように毛母細胞がある。毛乳頭から細胞分裂を促す物質が分泌され、毛母細胞が増殖を繰り返すことで、毛は伸びる。毛乳頭の下で支えるように並んでいる毛球部毛根鞘細胞に毛包を活性化する作用があり、毛の成長を強く促すことが分かってきた。(写真提供:資生堂)
[画像のクリックで拡大表示]

 髪には成長期→退行期→休止期というヘアサイクル(*1)があると以前の記事で説明したが、これは毛包のサイクルのことでもある。毛包は、休止期には退縮するが、毛包にある毛包幹細胞が分裂することで再生し、そこからまた毛が生える。つまり、再び毛が生えて、成長するには毛包の再活性化が必要だ。そのためには、毛乳頭や毛母細胞の働きが重要と考えられてきたが、「その外側にある毛球部毛根鞘細胞に、毛包を活性化する作用が強いことが分かった」と坪井氏は言う。

*1 ヘアサイクル:髪が生えてから抜けるまでの周期のこと。「成長期」「退行期」「休止期」の3期に分類される。詳しくは、特集の第1回「実は女性の方が深刻だった!? 最新版・薄毛のメカニズム」を参照。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について