日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男と女の薄毛治療最前線

光を当てるだけで発毛! 赤色LEDが可能にする最新薄毛治療

毛乳頭まで届く赤色光で細胞を活性化、家庭用照射器も登場

 中能泉=フリー編集者・ライター

光を当てるだけで、髪の毛が生える、増える─。そんな夢のような治療法が登場しているのをご存じだろうか。一口に光と言っても波長によって性質が変わり、波長の短い紫外線は肌や頭皮に良くないといわれてきたが、それとは異なる「ある特定の波長の光」に効果があるらしい。薄毛の「光治療」の最前線をお伝えしよう。

光治療はLEDの時代、薄毛も光で治せる?

 「光治療」という言葉を聞いたことがあるだろうか。言葉そのものにピンと来なくても、女性なら、美容皮膚科でレーザー治療やフォトフェイシャルを受けたことがある人は多いかもしれない。肌のシミを取ったり脱毛をする際に行うレーザー照射や、肌のくすみやたるみを改善するというフォトフェイシャルは、まさに光を使った光治療だ。

 そして、最近注目されているのが、LED(発光ダイオード)の光を利用した治療法だ。ご存じのようにLEDは、蛍光灯に比べて寿命が長く省エネで、熱量が少なく熱くならないなどの特性があり、近年、室内照明をはじめ、幅広く使われている。LEDの光の色は、ダイオードに使われる化合物の組み合わせによって決まる。1962年に赤色LEDが開発され、1993年に青色、1995年に緑色が登場すると、これによって光の三原色(赤、青、緑)が揃い、LEDだけで白色を含むあらゆる色の光を作り出せるようになった。

 そのLEDの光を、レーザー光などと同じように光治療に利用しようという研究が始まっている。既に美容の分野では、青色LEDでニキビ治療をしたり、赤色LEDでくすみやくまの治療を行うクリニックも登場している。そして、薄毛治療に赤色LEDが効果を発揮することが分かってきた。

超狭帯域の赤色LED光で、毛乳頭細胞を活性化

図1◎ 毛髪の構造

 赤色LEDを用いた薄毛治療の開発者の一人が、心斎橋いぬい皮フ科(大阪市中央区)の院長で、大阪大学医学部皮膚科学教室招聘教授の乾重樹氏だ。

 乾氏は大阪大学寄付講座准教授時代の2008年、ミニョンベルクリニック(大阪市淀川区)院長の小笠原正弘氏の学会発表でLED光に育毛効果があることを知り、効果とメカニズムを解明するため、小笠原氏との共同研究を始めたという。「LED光には傷を治したり、皮膚の色素沈着を取るという効果があることは報告されてきたが、レーザー光よりもエネルギーの低いLED光を薄毛治療に応用するというのを知り驚いた」と乾氏は振り返る。

 髪の育毛や発毛に効果があるのではと考えられたのが、赤色LEDだ。「波長が短い青色は肌の表面にしか到達しないが、赤色は波長が長いため肌の奥まで入る。当初から、毛乳頭細胞のような皮下の深部にある細胞まで届くのは赤色だけと考えた」と乾氏は話す。開発された赤色LED照射装置は、非常に狭い波長領域(ナローバンド)の赤色光を、指向性を高めて高出力で放つ。この“特別な光”を放つ装置は、「ナローバンド赤色LED」と名づけられた。

 そして、実際にマウスを使った実験で、ナローバンド赤色LED光の照射には、毛乳頭細胞を活性化させて発毛を促進させる効果があることが分かったという。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について