日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

男と女の薄毛治療最前線

実は女性の方が深刻だった!? 最新版・薄毛のメカニズム

ホルモン関与は男性だけ、ヘアサイクルの乱れ方に男女差

 中能泉=フリー編集者・ライター

薄毛に悩む男性は多いが、最近では女性にとっても薄毛は大問題。ちまたには、さまざまな育毛剤やヘアケア法が溢れているけれど、本当に効果のあるものは存在するのだろうか。そもそも男性と女性で、薄毛になるメカニズムは違うのだろうか。悩みの薄毛を解決するべく、薄毛治療の最前線をじっくりお伝えしよう。

薄毛の「パターン」は男女でこんなに違う

 髪が抜ける原因やそのメカニズムについては、近年、着々と研究が進んでいる。男性も女性も、後頭部の髪が薄くなることはまれで、薄くなるのは額や頭頂部が中心。ただし、薄毛が生じるパターンは異なる。

 男性の薄毛(男性型脱毛症、AGA)は、髪の生え際が後退したり、頭頂部の毛がなくなったり、両サイドを残してツルンとした状態になるというパターンが大半だ。発症時期には幅があるが、多くは20~30代から薄くなり始める。一方、女性の薄毛は、40歳ぐらいから頭頂部を中心に薄くなっていき、年々、抜け毛や頭頂部などのボリュームの低下が悩みの種になっていくのが特徴だ(図1)。

図1◎ 男性と女性の脱毛パターンの違い
男性は、頭の両サイドと後頭部を残して髪が薄くなっていく。その際、額の生え際が後退していく「M型」、頭頂部から薄くなる「O型」など、薄くなり方にはいくつかのパターンがある。女性の場合は、頭頂部を中心に広範囲に薄くなっていく。
[画像のクリックで拡大表示]
ここがポイント!
  • 男性の薄毛、女性の薄毛には、それぞれ特有のパターンがある。
  • 男性は額や頭頂部が薄くなり、女性は頭頂部が広範囲に薄くなる。

女性の薄毛にホルモンは無関係!?

 男性も女性も特定のパターンで毛が薄くなるという点では同じだが、「薄毛になる原因は男女で明らかに異なる」と、東京医科大学皮膚科主任教授の坪井良治氏はいう。

 男性の薄毛は、よく知られているように男性ホルモンの影響を強く受ける。男性の薄毛の主原因となるのは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素で変換されて生じる「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモン。これが髪の毛1本1本を生み出す毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体にくっつくと、髪の生え代わりの周期(ヘアサイクル)が乱れて、髪の成長が止まってしまう。この受容体は後頭部や側頭部にはほとんど分布していないため、薄毛は、主に額や頭頂部に集中する

 一方、女性の薄毛の原因は、男性ほどシンプルではない。「閉経後の薄毛であれば男性ホルモンの影響も受けるが、男性ほどはっきりした関連性は認められない。女性ホルモンについてもその作用はよく分かっていない。さらに、加齢によって毛包が小さくなることや、血流の悪化、栄養不足など、女性が薄毛になる要因は多岐にわたる」と坪井氏は話す。

ここがポイント!
  • 男性の薄毛の主原因は男性ホルモン。
  • 女性の薄毛は男性ほどシンプルではなく、原因は多様。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について