日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

NYの人気セラピストが教える「心の傷」の癒し方

失敗こそ「心に潜む盲点」に気付くチャンスだ【ガイ・ウィンチ氏】

「NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法」著者インタビュー(3)

 柳本操=ライター

 あらゆる分野で先陣を切る登壇者がそのアイデアを世界に広める「TEDトーク(TED Talks)」において、「感情にも応急手当てが必要」と題したプレゼンテーションが430万回以上再生されているのが、心理学者、ガイ・ウィンチさん。来日したガイさんに、私たちが忘れがちな“心の傷”の手当ての大切さ、悩み多き現代人が自らを癒やすヒントについて聞いた(第1回は「なぜ心の傷に応急手当てが必要か」、第2回は「『苦しいときは話すことが大切』はウソだった!」)。

失敗したとき、なぜ自分をさらに追い込んでしまうのか

(©Jasmin Merdan-123rf)

 ガイ・ウィンチさんは、著書『NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法(原題:EMOTIONAL FIRST AID)』で合計7つの「心の傷」を取り上げ、それぞれの傷の症状、特徴、そしてすぐに実践できる気持ちの切り替え方などの「手当ての方法」を解説している。


ガイさんが著書で取り上げている7つの心の傷

  1. 「自分を受け入れてもらえなかったとき」――失恋、いじめ、拒絶体験
  2. 「誰ともつながっていないと感じるとき」――孤独
  3. 「大切なものを失ったとき」――喪失、トラウマ
  4. 「自分が許せなくなったとき」――罪悪感
  5. 「悩みが頭から離れないとき」――とらわれ、抑うつ的反芻(はんすう)
  6. 「何もうまくいかないとき」――失敗、挫折
  7. 「自分が嫌いになったとき」――自信のなさ、自己肯定感の低下

7つの心の傷が著書では取り上げられていますが、このなかで、現代の大人たちに最も多く起こりがちな傷を一つ選ぶとしたら、何でしょうか?

ガイさん 6つめの心の傷、「失敗、挫折」は最も一般的で、起こる頻度も多いものだと思います。失敗や挫折は、誰の人生にもつきものですが、失敗にどう反応するかは人によって違うのです。例えば、

  • どうせ手の届かない目標だと思い、投げ出す
  • 無力感に襲われて動けなくなる
  • 成功するまであきらめずに挑戦し続ける
  • 失敗のストレスと恥ずかしさで我を失ってしまう

 というふうに。

 どう反応するかは、人それぞれで、ケースごとに異なります。しかし、知っていてほしいのは、とはいえ、失敗することがときには心に大きな傷を残し、放置すると深刻な症状を引き起こすことがあるということです。

「TEDトーク」でガイさんがおっしゃっていた、「心や感情は自分が思うほど信頼のおける友ではありません。彼らは実に気分屋で、強い心の支えになってくれるかと思えば、次の瞬間には実に嫌な奴になります」というお話が印象的でした。失敗したときにも、心が“嫌な奴”になることがあるのですか?

ガイさん そうです。失敗、という心の傷ができると、私たちが意識しないうちに、次のような3つの症状が起こります。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について