日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

NYの人気セラピストが教える「心の傷」の癒し方

なぜ心の傷に応急手当てが必要か【ガイ・ウィンチ氏】

「NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法」著者インタビュー(1)

 柳本操=ライター

 あらゆる分野で先陣を切る登壇者が、そのアイデアを世界に広める「TEDトーク(TED Talks)」において、「感情にも応急手当てが必要」と題したプレゼンテーションが430万回以上再生されているのが、心理学者ガイ・ウィンチさん。ガイさんの著書『NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法(原題:EMOTIONAL FIRST AID)』は世界20カ国で翻訳されるなど反響を呼んでいる。来日したガイさんに、私たちが忘れがちな“心の傷”の手当ての大切さ、悩み多き現代人が自らを癒やすヒントについて聞いた。

「心の傷」の手当ての大切さを提唱するガイ・ウィンチさん

心の傷を放っておくと、体にも深いダメージを及ぼす

 ガイ・ウィンチさんは、現在、ニューヨーク・マンハッタンで開業し、20年以上にわたって心理療法を実践する心理学者だ。2016年12月には、TEDトークを紹介するNHKの番組「スーパープレゼンテーション」に出演、優しく、ときには熱い口調で「こんな世界を想像できますか? あらゆる人が心理的にもっと健康になったら? 孤独や落ち込みをそれほど感じないでいられたら? 失敗の克服法を知ったら?…」と、心の手当てについて語る講演が多くの人の胸を打った。

 彼は著書『NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法』の中で、「私たちは、体の不調はうまく手当てができるのに、どうして心の不調になるとお手上げになってしまうのか」と問いかける。そしてその答えは「私たちは心の手当てを学んでこなかったからだ」という。

ガイさんの著書「NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法」
[画像のクリックで拡大表示]

 確かに、風邪を引いたら、10歳の子どもでも、温かくしてたっぷり眠ることが大切だ、と知っているだろう。転んで擦り傷を作ったら、すぐに傷口を洗ってばんそうこうを貼る――このような手当てを、誰もが当たり前のように実践することができる。

 一方、心の手当てのほうは――?

 もちろん、身近な人を亡くす、解雇される、といった大きなダメージの場合は、誰もが「なんらかの心のケアが必要」と感じるはずだ。

 しかし、私たちは普段の生活で、もっと小さな、「失敗」「孤独感」「罪悪感」といった、いわば擦り傷や切り傷を繰り返している。そして、そのような「心の傷」を見ようとせずに放置することによって、あたかも傷が化膿(かのう)するように、心の傷がじわじわと私たちの精神状態をむしばむことがある、とガイさんは考えている。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について