日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

有料会員限定

血糖値コントロールの鉄則

“予備群”を放置した人の恐ろしい末路

糖尿病の真の怖さを理解する――合併症「しめじ」と「えのき」とは?

 柳本 操=ライター

 予備群を合わせると2050万人いると推定されている糖尿病。発症すると目や神経、腎臓などの合併症を招き、心筋梗塞や脳卒中など死に直結する病気を引き起こす恐ろしい病気だ。ところが糖尿病は、進行するまで目立った自覚症状が出ないため「糖尿病の予備群」と告げられても、放置してしまう人が少なくない。
 糖尿病専門医の岩岡秀明さんは、放置する最大の理由は「糖尿病の合併症の怖さがきちんと認識されていない」ことだと指摘する。そこで今回は、知っているようできちんと理解されていない“糖尿病の合併症の怖さ”、そして予備群と告げられたときにまず何をすべきかを岩岡さんに聞いていく。

 前回も紹介したように、インスリンの分泌量が足りなくなったり、インスリンの効きが悪くなることで、血糖値の高い状態が続くのが糖尿病。成人になった後にかかる糖尿病のほとんどは「2型糖尿病」で、過食や運動不足などによる生活習慣や遺伝的な要因から発症する。

「糖尿病の合併症の怖さをきちんと認識されていないのは大問題。その恐ろしさをきちんと認識していただきたい」と警鐘を鳴らす岩岡秀明さん

 「糖尿病は万病のもと」といわれるように、糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす。血糖値が高い状態が続くと血管を痛め、これがさまざまな病気の引き金になる。糖尿病により「腎不全になり人工透析を受けている」、あるいは「糖尿病により失明に至った」――こんな話を聞いたことがある人も少なくないだろう。さらに、心筋梗塞などによる突然死を起こすリスクも高くなる

 このように糖尿病にはさまざまなリスクがあるにも関わらず、「予備群(境界域)」と診断されても放置してしまう人が少なくない(予備群の定義については第1回を参照)。糖尿病治療を専門とする船橋市立医療センター(千葉県船橋市)代謝内科部長の岩岡秀明さんは、「糖尿病の合併症の怖さがきちんと認識されていないのが最大の理由だと考えています。まずはその恐ろしさをきちんと認識していただきたい。予備群でも心筋梗塞などのリスクは約2倍に高まるのです。予備群と診断されたら『まだ糖尿病ではない』などと安心せず、すぐに医療機関を受診してください」と警告する。

 では、糖尿病によって引き起こされる合併症とはいかなるものなのか、そしてそのリスクはどのくらいあるのだろうか。岩岡さんは「一般に糖尿病の合併症というと『しめじ』が知られていますが、発病前の予備群の段階から気をつけなければならないのは実は『えのき』です」と話す。

 「しめじ」「えのき」とはいったい何のことなのだろうか。詳しい話を伺っていこう。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について