日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 実は多い「上司がストレス」、部下との会話で意識すべきこと

こちら「メンタル産業医」相談室

実は多い「上司がストレス」、部下との会話で意識すべきこと

第21回 残念なコミュニケーション・エラーを減らすために

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

三寒四温も落ち着き、春らしい陽光を満喫できる日々が増えてきました。あなたの心と体はお元気でしょうか? こんにちは、精神科医・産業医の奥田弘美です。今回は、コミュニケーションについて触れたいと思います。

コミュニケーション・エラーの蓄積がストレスを生む

上司であるあなたとのやりとりをストレスに感じている部下もいるかもしれない。写真はイメージ=(c)racorn-123RF

 現在私は約20の会社の嘱託産業医として様々なメンタル相談に応じていますが、その中でも「上司との関係性」に悩む社員さんが非常に多いと感じています。

 彼らは「上司と合わない」「上司が苦手」「上司がストレス」と異口同音に訴え、かなり深刻に悩んでいます。ひどいときはそのストレスが高じて不眠や動悸(どうき)、体調不良を引き起こしたりします。

 詳しく状況を確認していくと、中には明らかなパワハラ事案もありますが、そこまで至らない状況もよくあります。例えば…

「業務に悩んで相談しているのに、『やるしかないだろ』と突き放される」

「上司が話を聞いてくれず、一方的に意見を押し付けてくる」

「とにかく成果を上げろ、頑張れ、と言うだけで、具体的に教えてくれない」

「いつもではないが、機嫌が悪いと感情的になるし、言い方がキツくなるので傷つく」

 こういった状態はいわゆるパワハラレベルではありません。いくつかのコミュニケーション・エラーが重なることで、部下の社員にストレスをもたらしているのです。

 多くの場合、人事部の人に確認しても、上司のパーソナリティーに特別に「難アリ」というわけではありません。

「サバサバした明るい人ですが、コミュニケーションが雑なタイプなんですよね」とか、

「どちらかというと職人気質で、無口なタイプ。とっつきにくいのかもしれません」とか、

「いわゆる親分肌(姉御肌)で熱血漢なんですよね。合う人には合うのですが…」といった評価が返ってきたりします。

 もちろん「相手の人格を否定する言葉を使って大勢の前で罵る」「個人への非難メールを部署の全員にCCを付けてあからさまに送りつける」といった明らかなパワハラ行為は言語道断ですが、他意のないコミュニケーション・エラーの積み重ねによる人間関係ストレスでメンタル不調が起こるのは、非常に残念に思います。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.