日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

こちら「メンタル産業医」相談室

長時間労働はなぜ悪いのか? 医師が明かす「その怖さ」の理由

こちら「メンタル産業医」相談室(3)

 

 読者のみなさま、こんにちは。精神科医の奥田弘美です。そこかしこに春の気配が宿り始めましたが、あなたの心と身体はお元気でしょうか?

長時間労働は睡眠不足を招き、睡眠不足が続くと、集中力や認知機能、運動機能がどんどん落ちていく。その落ち方は、おそらくあなたの想像以上だ(©alphaspirit-123rf)

 今回は2015年暮れに起こった大手広告代理店過労死事件を発端に、世間で大きな話題となっている長時間労働について取り上げたいと思います。

 あの痛ましい事件を繰り返すまいと、2016年から全国の労働局が前代未聞の気合いとともに違法な長時間労働を繰り返す企業の摘発に乗り出しています。今年に入ってからも数社の大手企業が違法な長時間残業で書類送検されたという報道が流れたのは記憶に新しいところです。しかし残念なことに、まだまだ我が国には長時間労働が根強くはびこっています。

 実のところ私自身も産業医として長時間残業が恒常化している企業に関わった経験が多々あります。

 月80時間超えはおろか、月100時間を余裕で超える時間外労働を何カ月にもわたって続けている過重労働者は、今現在もこの日本に多数存在するのです。

 この連載をお読みのあなたの職場にも、過重労働している社員がいるのでは? それが、「あなた」でないことを私は産業医として心から願います。

ショートスリーパーはそういない

 「長時間労働がなぜいけないのか?」。このシンプルな問いに産業医として私が答えるとするならば、まずは「大切な睡眠が不足してしまうから」という理由を一番に挙げたいと思います。

 私が関わる約20社の企業では、大体月80時間以上の時間外労働を行っている人を中心に過重労働面談を行うことが多いのですが、彼らの9割以上は、睡眠時間が連日5時間を切っています。ひどい人になると4時間以下という人も少なくありません。

 もし今、あなた自身が「ふ~ん、5時間以下の睡眠時間って普通じゃない? 自分もそれぐらいだけど」と思ったならば、それは精神的にも肉体的にもかなり危険です。あなたがショートスリーパーであるというのならば別ですが……。

 ちなみにショートスリーパーとは、「6時間以下の睡眠が連続しても、日中に眠気やパフォーマンスの低下、疲労を一切感じない」「休日であっても6時間以上眠ったことがない」「日中も一切昼寝をしない」という短時間睡眠の体質をもつ人々です。

 歴史的にはナポレオンやダ・ビンチ、エジソンなどが有名であり(真偽のほどは不明)、現代人でも聖路加国際病院の日野原重明先生などはおそらくこのショートスリーパーだと思われますが、真のショートスリーパーは人口の5~8%ほどといわれています。

 人口の約80%の人は、7~8時間連続して眠らないと日中に眠気を感じたり疲労が蓄積していったりするという一般的な睡眠体質を持っています。

 おそらくこの連載をお読みのほとんどの読者が、ショートスリーパーではないはず。産業医面談でも「5時間以下の睡眠でも平気」と豪語するビジネスパーソンによく出会いますが、実は「休日には8時間以上寝だめしている」「毎日何度かうつらうつらと昼寝をしている」という偽ショートスリーパーがほとんどです。

 そういう人はただ単に睡眠不足の負債(借金)を、昼寝や休日の遅寝で返済しているにすぎません。この「返済」がなんとかギリギリ間に合っているからこそ、睡眠不足の悪影響が目立ってきていないだけなのです。

 この睡眠負債が返せないほどの額になると、どうなるのか? 実は恐ろしい悪影響が心にも体にも出てくることを多くのビジネスパーソンは知らないのです。

「2週間の睡眠不足」は「2日間の徹夜」に匹敵

 まず睡眠不足が続くと疲労が回復できないため、集中力や認知機能、運動機能がどんどん落ちていきます。

 その落ち方は、おそらくあなたの想像以上です。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について