日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 室伏広治さん 寝る前の「猫伸びストレッチ」でぐっすり  > 2ページ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

室伏広治さん 寝る前の「猫伸びストレッチ」でぐっすり

元ハンマー投げ選手の室伏広治さんに聞く(2)

 高島三幸=ライター

 自分でできる改善案は、枕やベッドのマットレスの硬さ、眠るときの体の向き、寝間着、カーテンから入る光の具合、室温や湿度、入浴や夕食の時間を調節するなど、自分なりに眠りやすい環境や生活習慣、アイテムを探ってみたり、季節によって変えてみたりすることでしょう。

 睡眠時間が確保できているのに疲れがとれなかったり、眠れない日が2週間以上続いたりするならば、何かしらの疾患が原因であるケースもあります。早めに専門医に相談するのがいいと思います。

犬や猫の“伸び”が入眠へのカギ

「質の高い睡眠を取るコツ?『入眠』だと思います」

 質の高い睡眠を取るためには、入眠が大事なポイントの一つだと思います。

 入眠しやすくするためには、寝る前にストレッチなどで体をほぐしてリラックスするのもいいといわれています。また、手をぐっと上に上げて“伸び”をしたり、できるだけ自由に体全体をよく伸びる方向に伸ばしたり、背中を丸めながら縮めた後、腕と体を思いっきり伸ばし、そのままパッと一気に力を抜いたりするのもいい。何度か繰り返すと、余計な力が抜けて心身ともにリラックスします。

 この時の呼吸は、息を吸った後、一旦息を止めながらギューッと体全体を伸ばすように力を入れます。そして力を一気に抜くと同時に息も吐きます。もしくは息を吸って、ゆっくり息を吐き続けながら全身に力を入れ、最後に全身の力を抜くのもいいでしょう。

 あくびをしながら伸びをしている犬や猫の姿を見たことがあると思いますが、あれはリラックスしている証拠です。交感神経と副交感神経のバランスが良くなって入眠しやすくなるのだと思います。私も寝る前にそうした“伸び”をよくやっています。

昼寝でアイデアも一旦寝かせる

 睡眠でいえば、昼寝もお勧めです。体や頭を休めることで午後からのパフォーマンスが上がります。

 現役中は、7時間は寝ていましたが、午前と午後にハードな二部練習をする日は、昼ご飯を済ませた後に、30分ほど必ず横になって昼寝をしていました。それだけでも、体・メンタルともにだいぶ回復し、午後からの練習に集中しやすくなります。それはビジネスパーソンも同じ。休みなく仕事をやり続けると、やはり集中力は続かないし、新しいアイデアも浮かびません。仕事の効率が下がり、結局非効率になります。

 理想としては、短くてもよいので一旦睡眠を挟んで、午前中に湧き出たアイデアを漬け物のようにそのまま脳に寝かせてみる。そうすると、アイデアが記憶として定着しやすくなるし、「もっとこうすれば良くなるのでは」とブラッシュアップされやすくなるように思います。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.