日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

あの人のカラダマネジメント術

プロトレーナーが実践! 食べ過ぎたら「12時間プチ断食」

人気トレーナー・木場克己さんのカラダメンテ術(4)

 松尾直俊=ライター

 多くのアスリートや有名人、将来を有望視されるサッカーのジュニアユース選手などに“体幹トレーニング”を指導し、実績を上げている木場克己さんに、自身のカラダメンテ術について聞いてきたシリーズも、これが最終回。これまでは主にインナーマッスルの鍛え方について聞いたが、今回は、食事やコミュニケーションなど、日常生活で心がけていることについて語ってもらう。体づくりのプロの生活を参考にして、いつまでも健康的に暮らそう。

鹿島アントラーズの金崎夢生選手、創部3年目にして「クイーンズ駅伝2016」で優勝した日本郵政グループ女子陸上部、そしてロックバンドback numberのトレーナーとしても知られる木場さん(写真 村田わかな)

 前にも話しましたが、私はプロトレーナーだけに、太ったり、体型が崩れていたりしては、いくら最適な指導をしても説得力がなくなります。だから、「太らないように」ということは人一倍意識しています。

 幸い、学生時代に柔道やレスリングで体幹を鍛えてきたので、私は基礎代謝が高く、太りづらいほうではあります。そうは言っても、何もしないでいると体幹は衰えていく。だから、前回までお伝えしたような姿勢やドローインを常に心がけ、日々、体幹を鍛えるようにしています。

食べ過ぎたら、次の食事まで12時間はあける

脂のとり過ぎにも注意しています(写真 村田わかな)
[画像のクリックで拡大表示]

 肥満予防や体調管理のため、食生活に関して、一つ守っていることがあります。それは、「食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしたときは、次の食事まで12時間はあける」ということです。

 仕事で地方に行ったりすると、深夜1時くらいに最後の食事を食べることもあるんです。そんなときは、朝は食べず、次に食べるのは昼の13時以降にしています。食べ過ぎると、食物の消化吸収で胃腸が働きっぱなしになるので、時間をあけて内臓を休ませるのです。特に科学的根拠があるわけではなく、あくまでも私の感覚ですが、そのほうが体の調子が断然いいんです。

 ただ、本気で体をつくりたい、筋肉を大きくしたいと思っている人であれば、筋トレをすると同時に3時間ごとに良質のたんぱく質を補給するのが理想です。今お話しした「12時間あけ」は、あくまでも食べ過ぎ・飲み過ぎ時の胃腸の休め方だと考えてください。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について