日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

あの人のカラダマネジメント術

1日30品目は過去の話。人気トレーナーが実践する「14品目食事術」

人気トレーナー・中野ジェームズ修一さんのカラダメンテ術【1】

 中野ジェームズ修一

 仕事にオフタイム、生活の質を上げるには健康な体でいることが一番大切だ。その実現には、何も特別なことをする必要はない。日々のほんの少しの心がけで、健やかな体づくりを達成できる。そんな日々の生活のコツと、自らが実践している方法を、米国スポーツ医学会認定運動生理学士で、箱根駅伝3連覇を果たした青山学院大学陸上部のフィジカルトレーナーとしても活躍する中野ジェームズ修一さんに聞いた。

1日14品目がおすすめだと話す中野ジェームズ修一さん(写真:室川イサオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 中野ジェームズ修一さんは、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手、そして、箱根駅伝3連覇を果たした青山学院大学陸上部のフィジカルトレーナーとして活躍している人物。また、体力面だけでなく、メンタルフィットネスまでも指導できる、日本では数少ないトレーナーの一人でもある。そのノウハウは、たくさんの著書や雑誌企画の監修などで垣間見ることができるので、ご存じの方も多いかもしれない。そんな中野さんの健やかな心と体づくりに対する日常の知恵の第1回目は、自身も実践し、クライアントにも指導している「1日14品目の食べ方」についてだ。

◇     ◇     ◇

「フィジカルトレーナー」の仕事とは

 これまでの日本で「トレーナー」というと、ある一定のトレーニング方法を指導する人といったイメージが強いと思います。また少し前だと、故障した選手の体を「治す人」といった印象を持つ人も多いようです。しかし、それは医療従事者と呼ばれる方々、医師や鍼灸(しんきゅう)マッサージ師、柔道整復師の人たちの仕事です。

「フィジカルトレーナーという立場上、そう簡単にコンディションを崩すわけにはいきません」(写真:室川イサオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 私たち「フィジカルトレーナー」は、トレーニングを指導するだけにとどまりません。選手の体を見て、触って、選手と話し、その人が今、どんな状態にあるのかを判断します。そして競技能力を高めるには、どの部分を強化すべきかを見抜いてトレーニングメニューを提案します。また、このまま練習していくと、どこか故障してしまうかもしれないと判断したときには、休むよう指示することもあります。選手や個人の体と心の状態に合わせたコンディショニングを組み立てるサポートをしていきます。

 いかに「ケガをさせない」ようにトレーニングし、競技能力を高めていくかの方法を選手に提案するのが、最も大きな役割です。つまり、コンディションを崩したり、故障したりすることがないように「予防」することが仕事なのです。

スポーツ選手もそうでない人も「予防」が大事

 予防が大事なことはアスリートでなくても同じです。暴飲暴食や偏った食生活、もしくは運動不足や、自分の体の状態を無視した無理な運動などをすると、肥満に陥ったり、体のどこかを痛めたり、病気になったりしてしまいます。しかし普段から、食生活や行動に気をつけ、体力に合わせた簡単なトレーニングを心がけていれば、肥満や病気、ケガを予防できます。

 私自身、フィジカルトレーナーという立場でダイエットや身体機能の向上を提案している以上、太ることはできないし、ケガをして現場の指導に穴を開けることもできない。……ということで、予防は常に意識しています。腹が出たり、どこかに痛みを抱えたりしているトレーナーが「こうすれば痩せます」「健康になれます」「ケガを予防できます」と、エクササイズや食事の方法を教えても、説得力がありませんからね。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について