日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

中野ジェームズ修一が徹底指南、遠回りしない体メンテ時短術

筋肉を伸ばすだけのストレッチは準備運動にならない!?

体を温める動的ストレッチでアイドリング状態になろう

 松尾直俊=フィットネスライター

ビジネスで多忙を極める日本の30~40代は体力の低下が著しく、5人中4人が将来寝たきりになる「ロコモティブシンドローム」の予備軍とされている。パワフルに働き、50代以上になっても健康的な生活を維持するには、正しい運動、食事、休養を行うことが大切だが、誤った健康術にまどわされ、成果が出ずにいやになってしまうケースも少なくない。そこで、著名トレーナーの中野ジェームズ修一氏が誤った健康常識を一刀両断。効率的で結果の出る、遠回りしないための健康術を紹介する。

ランニング前の準備運動として、アキレス腱伸ばしでは不十分だった。(©magiceyes-123RF)

 長時間のパソコン仕事に、車や飛行機などでの長距離移動。ビジネスパーソンは同じ姿勢を強いられ、体の柔軟性が損なわれてしまうケースが多い。1日の始まりである朝、ベッドから起き上がる時に筋肉の“こわばり”が気になることもある。

 人間の筋肉は適切なケアをしていないと20代をピークに衰え、筋力はもちろん、柔軟性も失われる。そして少なくなった筋力で体を支えようとするから、筋肉が収縮したままになって血流が悪くなり、さらに体の柔軟性がなくなるという悪循環に陥る。その状態で強めの運動をしようとすると、思わぬケガを負うことにもなりかねない

 筋肉を柔軟にしたり、ケガを防いだりするために多くの人が思いつくのが、“ストレッチ”と呼ばれる体操だ。この“ストレッチ”という言葉は、60年代にアメリカで発表されたスポーツ科学系の論文で使われ始め、NFLやMBLの有名チームにストレッチングを指導した、ボブ・アンダーソンという人物が75年に出版した『STRETCHING』によって、世の中に広く普及した。

 しかし、「一般の方を見ていると、実践するストレッチングの選び方で、大きな勘違いをしているケースがよくあります」と、トップアスリートから一般人までの体づくりをサポートしている著名トレーナー、中野ジェームズ修一さんは指摘する。

 「ストレッチには“動的(ダイナミック)ストレッチ”と“静的(スタティック)ストレッチの2種類があります。一般的にストレッチと言った時、多くの人が行うのは、前屈やアキレス腱伸ばしなど、ゆっくりと筋肉を引き伸ばす静的ストレッチだと思います」(中野さん)

静的ストレッチでは準備運動には不十分

 しかし、中野さんは「静的ストレッチだけでは、筋肉の張りを解消して柔軟性を取り戻すのには十分ではありません。また、運動前に行う“準備運動”としても、適していません」と言う。

 「まず、運動前のことから言いますと、英語の『Warming Up(ウォーミング・アップ)』を準備運動と訳したことから、勘違いが始まっているのではないでしょうか。例えば、今の高性能な車には走り出す前の暖機運転、アイドリングはあまり必要ないかもしれませんが、古い車であれば必要だったはずです。それを人間の体に置き替えて考えてみてください。激しい運動を行う前には、筋肉の温度を上げる、つまり体温を高くして血流量を増やす。加えて、関節の動きを良くして可動域を増やすために、関節から滑液をよく出すことが必要です。加えて心拍数を上げて、心臓の準備をしなくてはいけません。ところが静的ストレッチは、筋肉を伸ばすことで一時的な柔軟性を確保して関節の可動域を広くしますが、心拍数や体温を上げて心臓の準備をすること、そして滑液を分泌させることにはほとんど役立たないのです」(中野さん)

 つまり静的ストレッチだけでは、ウォーミング・アップの“ウォーミング”、「温める」の部分が欠けている。よく、ストレッチングで「血流がよくなって体も温まり、代謝も高まる」と言われるが、それはほんのわずかな変化。筋肉をゆっくり引き伸ばすだけでは、体を大きく動かす行為には敵わない。

 車であれば部品を変えたりすることで補修が可能で、毎年発売される高性能の新車に乗り換えることもできる。しかし、我々の体は一つ。パーツを交換することも、体を新しいものにすることもできない。賢くメンテナンスしなければ、長く使うことはできないのだ。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について