日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 毎日続けるだけで筋トレにもなる4つの習慣  > 2ページ
印刷

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

毎日続けるだけで筋トレにもなる4つの習慣

椅子から立つとき、靴下を履くときも、片足立ちで!

 松尾直俊=フィットネスライター

 「移動のときに積極的に歩いたりするほかにも、普段の生活の中で、特に下半身の筋トレ効果が得られる動作がいくつかあります。トレーニングの時間がない、もしくは、これまで運動習慣がなかったという人でも、ぜひ取り入れてみてください。いずれも簡単な動作ですが、体を動かす機会が減っている人にとっては、十分な筋肉への刺激になります」(中野さん)

 下半身は体の中でも大きな筋肉が集中する場所。また、加齢によって衰えやすい部位でもある。下半身の筋肉を刺激して強化することは、全身の血行を良くすることにもつながる。つまり、健康維持にはもってこいなのだ。

 では、どんな動作を行えばいいのだろうか? 中野さんは、次の4つの動作を習慣として取り入れることを勧めている。詳しく見ていこう。

片足立ち、空気椅子、靴下履き… 日常動作が筋トレに

習慣1=毎日、椅子から片足立ち

 「椅子に座ったり、そこから立ち上がったりする動作は、誰もが1日に何回も繰り返すはずです。そのときに両足で立ち上がるのをやめて、片足だけを使うようにしてみてください。おおよそでかまいませんから、そのうち半分は右足だけ、もう半分は左足だけで立ち上がるということを心掛けてください」(中野さん)

 最初はバランスを取るのが難しいかもしれない。その場合は、テーブルや机に手をついてもいい。毎日続けていくうちに筋力やバランス感覚が強化され、必ず手を使わずに立てるようになる。

 「片足で立ち上がれるようになったら、頭の中で“1、2、3”とカウントしながら、反動をつけずにできるだけゆっくりとした動作で立ち上がったり、座ったりするとより効果的に鍛えることができます」と中野さん。いわゆる“スロトレ”の一種だ。

 具体的なやり方については、次ページの動画で中野さんに実演してもらおう。

習慣2=毎日、空気椅子スクワット

 「椅子に完全に座るのではなく、両膝を曲げたまま、スクワットの要領でお尻を浮かせた状態をキープするものです。椅子に座る前の10秒間や、立ち上がる前の10秒間などにやってみましょう。仕事中であれば、メールを返す間は頑張ってやってみる、とかでもいいですね。この動作で十分にお尻から太ももにかけての筋肉に刺激を与えることができます」(中野さん)

 このとき、力み過ぎて呼吸を止めないようにするのがコツ。家のダイニングの椅子などでもできるので、試してみるといい。

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.