日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

【ニッポン柔道式】最先端トレーニング科学であなたも体力復活!

日本代表の身体能力を世界水準に高めた4分間運動術とは?

パワー・スピード強化で国際スポーツ「JUDO」に対応

 松尾直俊=フィットネスライター

 4年前のロンドン五輪、柔道男子日本代表のメダルはゼロ。柔道発祥国の面目は潰れ、男子柔道の危機とまで言われた。そして4年後の今年、リオデジャネイロ五輪。男子73㎏級の大野将平、90㎏級のベイカー茉秋の金メダルを筆頭に全7階級でメダルを獲得。復活と躍進を遂げたことは記憶に新しい。井上康生監督の下で総務コーチの任を務めた日本体育大学運動器外傷学研究室の岡田隆准教授に、ニッポン柔道の復活を支えた最新の科学的トレーニング法のエッセンスを聞いた。

柔道日本代表の筋力を強化し、パワーとスピードで海外の選手に対抗する。この任を受け持ったのが、日本体育大学の岡田准教授だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ロンドン五輪後に男子柔道監督に就任した井上康生氏は、2000年シドニー五輪の金メダリスト。そして現役時代から今まで、日本の「柔道」と国際的スポーツである「JUDO」の違いを身をもって感じている一人でもある。

 「そこで井上監督は、日本の柔道界の中だけではなく、世界で勝つために必要だと思われる世界中の格闘技の技法や筋肉トレーニングと、その理論を取り入れていきました」

 こう教えてくれたのは、ロンドン五輪直後から井上氏の下でチームの一員となり、総務コーチの任を務めて来た、日本体育大学運動器外傷学研究室の岡田隆准教授だ。

 海外選手たちは、母国の伝統的な格闘技や武術をベースに柔道選手となり、オリンピックに出場してくる。今や日本伝統の柔道技だけではなく、多彩な技法が織り込まれているのが国際スポーツの「JUDO」なのだ。

 各格闘技からJUDOに応用できる技を抽出して身に付け、対策につなげるというのが井上監督の考え方だったのだろう。それに加え、体脂肪を減らして筋肉の増量によって体重を増やす。増やした筋肉が発揮するパワーとスピードで海外の選手に対抗する。この部分の任を受け持ったのが、岡田准教授だ。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について