日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 短時間睡眠はなぜ「太りやすい」のか?
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

短時間睡眠はなぜ「太りやすい」のか?

実験で分かった「睡眠不足」と「食欲」「代謝」の深い関係

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 仕事や家事に追われて十分な睡眠時間が確保できない……。寝付きが悪い、途中で目覚めるなどで寝た気がしない……。こんな悩みを持つ人は多いだろう。睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さに注目が集まっているが、そうした状態になると、集中力が低下したり、疲れやすくなったりするだけでなく、様々な体への影響があるという。その一つが、肥満のリスクが高まることだ。早稲田大学と花王の研究により、そのメカニズムが分かった。研究を行った早稲田大学名誉教授の内田直さんらに話を聞いた。

睡眠時間が短いと活動時間は長いのに太りやすい

 体重の増減は、エネルギーの摂取と消費のバランスが崩れたときに起こる。そして、睡眠時は活動量が少ない分エネルギー消費量が少なく、起きているときは活動量が多い分エネルギー消費量が多い。つまり、以下のように考えるのが自然なように思う。

睡眠時間が短い → 活動時間が長い → エネルギー消費量が多い → やせる

睡眠時間が長い → 活動時間が短い → エネルギー消費量が少ない → 太る

 しかし、平均睡眠時間とBMI(*1)の関係を調べた研究によると、睡眠時間が7~8時間の場合が最も肥満が少なく、それより短くても長くても肥満が増えるという(*2)。先ほどの考えに基づくと、睡眠時間が短いのに肥満になることの説明がつかない。

 そこで、「短時間睡眠がなぜ肥満につながるのかを、エネルギー代謝の面から解明しようと考えました。それが、この研究の始まりです」(内田さん)

 内田さんらが健康な若い男性9人で、以下2つの睡眠パターンを比較したところ(*3)、いろいろなことが分かったという。

  • 3日間の3.5時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)
  • 3日間の7時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)

 これから紹介するグラフは、3日目の夜7時から翌日のリカバリー睡眠後(5日目)の夜7時までの48時間の、エネルギー消費量、深部体温(直腸温)、空腹感(アンケートによる主観的な評価)について、2つの睡眠パターンを比較したものだ。一つひとつについて、解説していこう。まずは、睡眠時間の短縮と「エネルギー消費量」の関係を示したグラフ(図1)だ。

図1~3はHibi M,et al.Scientific Reports. 2017;7:39640の「Figure 1」「Figure 2」を日経Gooday編集部が改変して作成
[画像のクリックで拡大表示]

 「エネルギー消費量はどちらも寝ている間は下がりました。つまり、夜間は3.5時間睡眠のほうが起きている時間が長いためエネルギー消費量は多くなりました。しかし、日中は3.5時間睡眠のほうがエネルギー消費量がわずかながら少ない状態が続いたため、48時間トータルでは両者に大きな差は出ませんでした」(花王ヘルスケア食品研究所の日比壮信さん)

 この研究では、メタボリックチャンバー(部屋型の代謝測定装置)という装置を使い(第3回「『連続して運動する』より『細切れに立ち歩く』方が脂肪は燃える!」参照)、エネルギー消費量だけでなく、糖質、脂質、たんぱく質がどれだけ利用されたかも測定している。その結果、脂質の利用量にも差は出なかったという。

*1 肥満度を表す指標として用いられている体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で計算する。
*2 Taheri S, et al.PLoS Med. 2004;1(3):e62.
*3 対象者:若い健康な男性9人(平均年齢23.2歳、平均BMI22.2)/試験方法:ダブルブラインド・クロスオーバー試験/測定装置:メタボリックチャンバー(部屋型の代謝測定装置)、脳波測定計、直腸温度計/試験条件:決まった食事の生活をする中で、2週間の休止期間を挟んで、以下のAかBの試験条件をランダムな順番で実施。3日間の睡眠と翌日のリカバリー睡眠を含む48時間、代謝への影響をメタボリックチャンバーで測定。
[試験条件A]3日間の3.5時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)
[試験条件B]3日間の7時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.