日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

「怒り」との上手な付き合い方

考えるトレーニングで「怒り体質」は徐々に変わっていく

「対症療法」でとっさの怒りを防ぎ、「体質改善」で「怒りにくい人」に

 山口佐知子=ライター

 現代社会はストレスがいっぱいだ。物事が思い通りにいかないとつい怒ってしまい、後で怒った自分に落ち込む。「こんな悪いサイクルから脱したい」――そう思っている人は多いだろう。ただ思いに任せて「怒る」のは、百害あって一利なし、しかも「怒りっぽい人は病気になりやすい」という研究結果も出ている。
 そこで特集では、「怒り」を上手にマネジメントする方法を紹介する。今回は、“怒りの感情をコントロールする”トレーニング法「アンガーマネジメント」を使って、怒りと上手に付き合うための具体的な方法を紹介していく。

思いに任せて怒ってばかりいては、百害あって一利なし。“怒りの感情をコントロールする”トレーニング法「アンガーマネジメント」の考え方を学び、怒りと上手に付き合う方法を身につけよう (©imtmphoto -123rf)

 前回は、「怒り」を生み出しやすい現代社会の現状と、健康への影響、そして、企業やスポーツ選手などで「怒りを上手にコントロールして、プラスの効果に好転させよう」という取り組みが広がっていることを紹介した。これが、1970年代にアメリカで開発された「アンガーマネジメント」という手法だ。今回は、アンガーマネジメントを使って、怒りを具体的にどうコントロールしていくかを紹介する。

 日本におけるアンガーマネジメントの第一人者である、日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さんは、「怒りを感じる出来事が起きたとしても、人によって怒りの感情が心身面に及ぼす影響に格段の差が出ます」と話す。アンガーマネジメントが身についている人は、怒りへの耐性が強く、怒りの感情とうまく折り合いをつけていくための考え方が自然にできているという。

怒りが発生するまでの3つのステップ

 では、具体的には「怒り」が発生したときに、どう捉え、怒りの感情と折り合いをつけていくのか。まずは、意外と知られていない「怒りのメカニズム」を見ていこう。安藤さんは、「怒りが発生するまで、3ステップの段階を踏みます。ここで重要になるのが、Step2の『出来事の意味づけ』です」と話す。

[画像のクリックで拡大表示]

 「この例を見ていただければわかりますが、出来事そのものが、怒りを生んでいるわけではありません。自分が遭遇した出来事に対して、『これはどういう意味があるのか』を自分の価値観や考え方をベースに意味づけをして、『これは許せない』『間違っている』と感じたとき怒りの感情が発生するのです」(安藤さん)

 足を踏んだ相手が、ケースAのように足下のおぼつかない高齢者であると認識したことで、「足を踏んだのは故意ではなかったはず」「もともと足元がおぼつかないのなら仕方ない」などと推測や解釈ができるので、怒りは発生しないし、一瞬ムッっとしたとしてもすぐ静まります。一方ケースBでは、自分自身の中で「自分より年下なら謝って当然だろう」「自分から謝るべきなのに、にらんでくるとは何事だ」といった判断をするため、怒りの感情が芽生えることになる。

 「このように、怒らせているのは出来事そのものではなく、「出来事の意味づけ」にかかってきます。自分自身がその出来事をどう捉えるかが極めて大切で、その後の結果は大きく変わってくるのです」(安藤さん)

 「ケースBの場合でも、『なんだよ、謝りもしないで!』と一瞬思っても、『ここで相手を怒鳴っても、結局は怒って損するのは自分だな』と意味づけできれば、怒りを爆発させることなく、自分自身を落ち着かせることができるようになります」(安藤さん)。怒りを生じさせる出来事に遭遇しても、適切な対処法さえ知っていれば、心身ともに傷つくことなく、怒りを静めることができるのだ。こういった考え方や対処法を身につけ、許容範囲を広げていくことがアンガーマネジメントによるトレーニング(後述する「体質改善」)となる。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について