日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

糖尿病は甘くない

糖尿病患者の寿命を決めるのは心筋梗塞と脳卒中

軽度の肥満に伴う血糖、血圧、中性脂肪上昇が「合わせ技」で影響

 宇津貴史=医学リポーター

糖尿病の合併症といえば「3大合併症」を思い浮かべる人が多いかもしれない。網膜症(目のかすみ、失明)と腎症(尿が出なくなる、透析)、神経障害(手足のしびれなど)だ。しかし現代の2型糖尿病(以下、糖尿病)では、それにも増して心筋梗塞や脳卒中への注意が必要となる。発症リスクが著しく高くなっているからだ。背景には、小さな異常の「合わせ技」があるという。専門家に伺った。

「糖尿病患者さんの場合、かつては腎臓病で亡くなることが少なくなかったのですが、最近は心筋梗塞や脳卒中で亡くなる人の方が増えています」と話す、順天堂大学の代田浩之氏。
 「今日、糖尿病患者さんの寿命を決めているのは心筋梗塞と脳卒中です」。こう話すのは、数多くの糖尿病患者の心臓疾患を診てきた、順天堂大学循環器内科教授の代田(だいだ)浩之氏だ。

 糖尿病の患者では、糖尿病のない人と比べ、心筋梗塞などの虚血性心疾患(*1)や脳梗塞の発生率が極めて高い。

 福岡県久山町住民のデータ(久山町研究)を見ると、糖尿病のない人に比べ糖尿病患者では、脳梗塞は2倍から4倍、虚血性心疾患では2.5倍から5倍、発生率が高くなっていた(図1)。

図1◎ 糖尿病患者は脳梗塞や虚血性心疾患の発症が多い(久山町研究)
(出典:上田一雄ほか 日循予防誌 2005; 40: 34.)
[画像のクリックで拡大表示]

 代田氏は言う。

 「私たちの施設でも、心筋梗塞患者に占める糖尿病の割合は急速に大きくなっています。心筋梗塞で搬入されてくる患者の約4割は糖尿病です。さらに、糖尿病と診断されていない残り6割も、調べてみると半数近くで糖尿病が見つかります」。

(*1)虚血性心疾患:心臓の壁を通っている血管(冠動脈)の血流が低下・途絶し、酸素や栄養を受け取れなくなった心臓の壁が損傷を受けた状態。損傷を受けた部分が死んでしまうと「心筋梗塞」となる。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について