日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

ビジネスパーソンは「目が命」

点眼直後のまばたきはNG!

あなたはできてる? 正しい目薬の差し方

 内藤綾子=医療ジャーナリスト

ドライアイや疲れ目など目の不調を感じたとき、手軽にその場で使える目薬はビジネスパーソンの必携アイテムだろう。とはいえ、「誰もが正しい差し方をしているとは限らない」と指摘するのは、眼科専門医でみさき眼科クリニック院長の石岡みさき先生だ。診察中に患者から聞かれることも多いという、目薬の正しい差し方について石岡先生に詳しく話を聞いた。

まぶたの内側に薬液がたまり、成分が徐々に浸透する

 目の疲れ、ピント調節、ドライアイなど、目の不調にダイレクトに作用する目薬。薬液の差し方そのものも、効果に影響を及ぼす。まず、目薬は目の中でどのように吸収されるのかを知っておこう。

 「まぶたの下は結膜嚢(けつまくのう)という袋になっています(図1)。差した目薬は結膜嚢にたまって、成分が徐々に目の奥へと浸透していくのです」(石岡先生)。

図1◎ 結膜嚢(けつまくのう)
まぶたと眼球の間にある、袋状の結膜嚢(けつまくのう)に目薬は流れ込む。
[画像のクリックで拡大表示]

 目薬を差したらすぐに効果が現れることを期待しがちだが、薬液は少しずつ浸透するため、効果が現れるのに数時間かかることもあるという。「差した直後に、『効かないからもっと差す』といったようなことは避けて」と石岡先生は話す。

 目薬を、「あまり手順を意識せず、テキトーに差している」ことはないだろうか。自己流のやり方が習慣になってしまい、誤った目薬の差し方をしていると、せっかくの効果が十分に得られなくなってしまう。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について