日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

ビジネスパーソンのコーヒー学 ~コーヒーと健康最前線~

コーヒーは1日何杯まで飲んでいいのか

第7回 ちゃんと知りたい! コーヒーのいいこと・悪いこと――ネスレ日本の福島洋一さんに聞く(後編)

 柳本操=ライター

みんなが毎日飲んでいる香り高いコーヒーは、体にいいことづくめだった!以前は「カラダに悪い」と言われていたコーヒーが、最新の研究により「カラダにいい」ことが続々と明らかになっている。日経グッデイでは、最新の「コーヒーの健康効果」を専門家の方々に直撃して話を聞いた。第7回となる今回は、前回に引き続き、ネスレ日本の“コーヒー博士”福島洋一さんに、コーヒーの「いいこと」「悪いこと」を聞いていく。特に今回はコーヒーに含まれる「カフェイン」について詳しく話を聞いた。(前回の記事はこちら

コーヒーを多く飲むと、カフェインを多く摂取することになる。カフェインの摂り過ぎはカラダに悪影響を及ぼすのではないだろうか。果たして、コーヒーの適量とは?(©TAKASHI HONMA -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 コーヒーの健康効果について考えるときに絶対に外せないのが、コーヒーに含まれる「カフェイン」だ。

 コーヒーがいくら体にいいといっても、飲み過ぎるとカフェインを多く摂取することになり、カラダによくないのでは…と心配になる人も多いだろう。また、「コーヒーは血圧を上げるのではないか」と不安に思う人もいる。そこで、今回は、前回に引き続き、ネスレ日本の福島洋一さんにコーヒーに含まれるカフェインのメリット、デメリットについて詳しく聞いていく。

カフェインは、チョコレートや市販薬にも含まれる

カフェインの化学式。アデノシンと似た構造をしているために、アデノシンの働き「興奮抑制作用」をブロックし、脳を興奮、覚醒させると考えられている

基本的なところから伺いたいのですが、そもそも「カフェイン」とはどういったものなのでしょうか?

福島さん コーヒーを飲むとしゃきっとした気分になりますが、この覚醒作用のもとになっているのが、カフェインです。

 カフェインは、苦みを持つアルカロイド類の化学物質です。植物が昆虫に食べられないように自らの身を守るため、作られた物質だと考えられています。カフェインは熱に強い性質を持っているためにコーヒー豆を焙煎してもその多くが残ります。

カフェインを含む主な飲料、食品、医薬品
●カフェインを豊富に含む飲料
お茶、コーヒー、ココア、コーラ飲料、栄養ドリンク、エナジードリンク
●カフェインを含む食品
チョコレート、眠気防止用のガム
●医薬品
総合感冒薬、咳止め薬、鎮痛薬、眠気予防薬、強心薬
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について