日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

Gooday's View 記者の目

川島・鎧塚夫妻からの、がん患者への応援歌『カーテンコール』

 内山郁子=日経Gooday

『カーテンコール』
川島なお美、鎧塚俊彦著
1300円税抜き(新潮社)

 こんにちは。日経グッデイ編集部の内山です。12月8日に発売された書籍『カーテンコール』(新潮社、2015)、皆さまはもうお読みになりましたでしょうか?

 同書は、女優の川島なお美さんが肝内胆管がん(胆管細胞がん)を患ってからの経緯を書き留めた手記に、夫でパティシエの鎧塚俊彦さんが加筆してまとめた、川島・鎧塚夫妻による「がん体験記」です。いわゆる「闘病記」ととらえられがちな本ですが、鎧塚さんは本の前書きで、「同じくがんを患った方々への応援歌のようなつもり」で書かれたものだと記しています。

 この「応援歌」という言葉通り、本書には全編を通じて、力強いメッセージが歌い上げられています。私は必ず病を克服して、生きる。自分の命は、自分で守る。だからあなたも、病に向き合って、と。自らの体にできたがんを「いましめクン」と呼び、がんについて勉強を重ね、セカンドオピニオンのため数々の専門医を訪れることを「がん活」と呼んで、前向きに、冷静に、がんとの日々を重ねていきました。

がんを放置してはいけない

 川島さんがセカンドオピニオンのために訪れた医師の一人が、本書に「M先生」として登場する近藤誠氏です。川島さんは、近藤氏の「がんもどき理論」について、がん経験者として感じたことを次のように綴っています。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について