日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

インフルエンザ総特集

インフルエンザ流行型、全国的にはH1N1が47%

岩手、栃木、富山、石川など8県はH3N2のみ、地域によりばらつき

 三和護=日経メディカル

2017年~2018年シーズンのインフルエンザ流行速報から、知っているようで知らないインフルエンザの基礎知識まで、この特集で一挙解決! インフルエンザ流行マップはこちら毎日更新中です。

 11月26日までの1週間で、全国的に流行期入りしたインフルエンザ。気になるのは流行しているウイルスのタイプだが、国立感染症研究所の集計によると、全国的にはA型のA/H1N1pdm2009(2009年に新型インフルエンザとして流行したウイルス)が47%と最多だった。ただし、岩手県、栃木県、富山県、石川県など8県はA型のA/H3N2(香港型)のみで、地域的に流行ウイルスが異なることも明らかになった。

 感染研のインフルエンザウイルス分離・検出速報(2017年12月1日)によると、全国的にはA/H1N1pdm2009の検出件数が146件(47%)と多く、A/H3N2が98件(32%)、B型が64件(21%)だった(図1)。B型では山形系統が86%と多く、ビクトリア系統は11%だった。

図1 インフルエンザウイルス分離・検出状況
AH1pdm2009=A/H1N1pdm2009、AH3=A/H3N2(感染研のインフルエンザウイルス分離・検出速報、2017年12月1日)

 都道府県別に見ると、青森県、福井県、長野県、滋賀県、和歌山県、島根県ではA/H1N1pdm09亜型のみだった(図2)。北海道、茨城県、兵庫県、福岡県も80%以上となっている。

 一方、岩手県、栃木県、富山県、石川県、山梨県、岡山県、山口県、鹿児島県では、A/H3N2のみとなっている。

 例年、高齢者施設などを舞台に、インフルエンザの院内・施設内集団感染が発生することがある。ワクチンを接種してしたにもかかわらず発生した事例もあり、感染予防への細心の注意が必要となっている。

図2 都道府県別に見たインフルエンザウイルス分離・検出状況
AH1pdm2009=A/H1N1pdm2009、AH3=A/H3N2(感染研のインフルエンザウイルス分離・検出速報、2017年12月1日)
この記事は、日経メディカルに掲載された記事を一部再編集したものです。
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について