日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

「いい夫婦の日」を機に考えたい!オトナの性

男性の更年期って?パートナーをチェック

男性の更年期、症状は?~オトナの性の疑問&悩みに答えます

 

年齢と共に男性にも変化が訪れます。たとえ夫婦でも、中年期の男性の心理変化や性機能の衰えについては、なかなか踏み込みにくいもの。とまどうこともあるのではないでしょうか。パートナーとの絆を深めるためにも、男性の性について知っておきましょう。

Q:男性にも更年期ってあるの?

A:男性にも更年期があります。症状は女性とほぼ同じ

 男性にも女性と同じように更年期があります。

 女性の更年期は、女性ホルモンが急激に減少することで、不定愁訴が起こりますが、男性の場合も発症の仕組みはほぼ同じ。医学的には加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)と呼ばれ、性腺機能が衰えて男性ホルモンの分泌が低下することで、様々な不調を引き起こします。

 女性ホルモンは閉経前後の10年で急激に減少します。これに対し、男性の場合、男性ホルモンの分泌は20歳前後でピークになり、その後ゆるやかに減少していきます。

 もともと男性ホルモンの分泌量は個人差があるため、男性の更年期障害発症は40代後半から60歳前後まで、かなりばらつきがあります。一般に女性より少し遅い年代で現れることが多いようです。還暦を前に、ちょうど壮年期から老年期へ移行する時期に体の不調も現れます。

加齢に伴う男女のホルモン分泌量の変化(イメージ図)
[画像のクリックで拡大表示]
女性ホルモンの分泌は30歳まで徐々に増えていき、40代後半で急降下。閉経前後の10年間で激減する。一方、男性ホルモンは20歳前後でピークを迎え、その後はなだらかに減っていく。ホルモンの変化率が高いほど、不定愁訴が出やすい。
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について