日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 冬の肩凝り完全撃退!  > 背すじを伸ばして深呼吸、ゆっくりお風呂と笑顔で肩こりは消える!
印刷

冬の肩凝り完全撃退!

背すじを伸ばして深呼吸、ゆっくりお風呂と笑顔で肩こりは消える!

ストレス過大なら、筋肉への刺激だけでは凝りは取れない

 二村高史=フリーライター

本格的な冬が近づき、朝晩はぐっと冷え込むようになってきた。これからの季節は、肩の凝りや痛みが出やすい時期。今や肩こりに悩む人は2400万人にも上る(厚生労働省調べ)とされ、もはや「国民病」とも呼べる身近な不調の1つ。しかし、現代生活における肩こりは、「ひと昔前の凝り方とは明らかに違ってきた」と、専門家たちは指摘する。前回までご紹介したメソッドがなかなか効いてこない…という人がいたら、その原因はもしかすると別のことが関係しているかもしれません。ここでは肩こりを起こす生活習慣について、今一度、日常の中から見直してみましょう。

肩こりは、生活の中での“背中丸め姿勢”の多さから

 これまで2回の記事(「「筋膜マッサージ」でやっかいな“現代型肩こり”解消」「胸もほぐす「筋膜マッサージ」で肩こり知らずの体に」)では、しつこい「現代型肩こり」を効果的に解消するマッサージをご紹介してきた。近代的な生活がもたらす凝りは、体の深層部で筋肉と筋膜が癒着することで起こるために、ひと昔前のように「強く揉む」といったケアだけではなかなか解消できないことをお伝えした。メソッドの効果は実感していただけだろうか。

 もしも、ご紹介した「筋膜マッサージ」をきちんと行っても、「なかなか凝りが取れない」「数日経つとまた元に戻る」といった状況が続くようであれば、ちょっぴり1日の中の生活スタイルを思い起こしてほしい。

「なかなか凝りが取れない」「数日経つとまた元に戻る」といった状況が続くようであれば、ちょっぴり1日の中の生活スタイルを思い起こしてほしい。

 特に目を向けてほしいのが、「背中を丸めている時間」がどれぐらいあるかということ。

 「肩こりの予防や解消には、まずは無意識に染みついてしまった姿勢の癖を見直すこと。その次に、ストレスの有無を自覚することです」

 このように指摘するのは、青山一丁目カイロプラクティック院院長の山口博さんだ。

 デスクワークはもちろん、手先を使った細かい作業、重たいカバンを持ちながらの徒歩、炊事や洗濯といった家事、洗面や洗顔…など、生活に伴う動作は背中を丸めて行うものが少なくない。当然ながら、そうした動きを10年、20年…と続けていれば、筋肉のバランスの崩れや骨格のゆがみなどをもたらし、肩こりの原因となる。

背すじを伸ばす些細な心がけでも凝りは軽減できる

 「毎日30分だけでも体を反らす体操を行う、パソコンを30分見たら1分休んで体を伸ばすといったことでもいい。背中を丸めていることに少し意識を向ける。また、ソファや電車のシートに座る、歩くといった、長時間同じ動作を続ける際にも、背すじを伸ばす意識を持つ。こんな些細な心がけを実践するだけでも、凝りのひどさは随分と変えられるのです。無意識に体に染み込んだ癖は、意識的に改善していくしか方法はありません」(山口さん)。

 日常生活で気づいたことを1つでも2つでもいいから、工夫して変えてみる。「肩こりを完全に消し去るのは現代生活の中ではとても難しいことですが、肩こりになりやすい事情を知り、それを防ぎたい、解消したいと前向きに考えることが大切。実際、『先生に言われたからやらなくちゃ…』とノルマ的に改善しようとする患者さんよりも、『少しずつ変わってきた。もっとやってみよう』と前向きに取り組んでいる患者さんの方が、改善する例が圧倒的に多いと感じます」(山口さん)。

ストレスを感じたら「深い呼吸」と「入浴」を

 その一方、いくら姿勢を正したとしても肩が凝る人もいる。その原因となっているのが、山口さんが2つめに挙げた「ストレス」だ。無意識に体を硬直させ、何事にも身構えがちになるため、まさに肩や首をすくめ続けることで凝りが生まれる。

 山口さんが施術したケースの中に、姿勢もよく、定期的に運動をしているのに、なかなか肩こりが改善しない女性の患者がいたという。よくよく仕事の話を聞くと、会社役員の秘書で、仕事の間、背中に視線を感じ続けることが負担になっていたそうだ。背すじを伸ばして仕事はしているものの、体が硬直したままで毎日を過ごしていたのだ。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.