日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

冬の肩凝り完全撃退!

「筋膜マッサージ」でやっかいな“現代型肩こり”解消

しつこい肩こりは、つかんで回して「はがす」が正解!

 二村高史=フリーライター

本格的な冬が近づき、朝晩はぐっと冷え込むようになってきた。これからの季節は、肩の凝りや痛みが出やすい時期。今や肩こりに悩む人は2400万人にも上る(厚生労働省調べ)とされ、もはや「国民病」とも呼べる身近な不調の1つ。しかし、現代生活における肩こりは、「ひと昔前の凝り方とは明らかに違ってきた」と、専門家たちは指摘する。本格的な「肩こりシーズン」に向けて、しつこい肩こりを驚くほど簡単に解消できるメソッドをはじめ、徹底的に撃退するためのノウハウをご紹介していこう。

昔ながらの「揉む」方法では肩こりは治りにくい

 ひどくなると、頭痛や吐き気なども引き起こす肩こり。つらい肩こりを少しでも和らげようと、マッサージやカイロプラクティックなどのお世話になっている人は多いだろう。

これから気温が下がる時期は、知る人ぞ知る本格的な「肩こりシーズン」でもある。

 ところが、そうした施術を受けて一時的に肩こりが緩和しても、その効果はなかなか長続きしないもの。すぐに元に戻ってしまうどころか、場合によっては、いわゆる「もみ返し」などによって、それまでよりも状態が悪くなってしまうことさえある。

 「便利で近代的な生活の中で生じた肩こりは、かつてとは違い、昔ながらの強く揉むといった施術が効かなくなっている。その大きな理由は、現代の肩こりが肩や首の周りにある小さな筋肉をはじめとして、特に『筋膜』などにダメージが蓄積しているからだと考えています」

 こう指摘するのは、I.P.F.研究所主宰の磯﨑文雄さんだ。昔と今とでは、肩こりの質が違う…。これは、一体どういうことなのだろうか。

パソコン、スマホを酷使する生活が“現代型肩こり”を生む

 磯﨑さんによれば、昔の肩こりは仕事に伴う大がかりな手作業、いわば肉体労働的に大きな筋肉を使ったことで起きていた。対して、現代の場合は、パソコンやスマートフォンなどの操作を伴う、小さな筋肉を酷使し続けることに原因があるという。

 デスクワークが中心で同じ姿勢を長時間続け、背中を丸めたまま緊張した状態を体に与え続ける。たしかに電話1本かけるにしても、腕を伸ばしてボタンを指で押していた固定電話を使うより、小さなスマホの画面を指先だけで操作する回数の方が今では多くなっているに違いない。こうした細かく小さな動きの集積が、肩の深部にある筋肉を凝らす“現代型肩こり”を生んでいたのだ。

 「ほんの10年、20年前までは、肩の表層にある大きな筋肉群を強くほぐすことで凝りは解消できた。ところが深層部にある小さい筋肉群に凝りができると、昔ながらの施術ではそこまで刺激が届かず、慢性的なしつこい凝りが続いていしまうのです」(磯﨑さん)

 実際に、凝りや痛みを感じる肩周りを指先で強く押してみると、その深部にゴリゴリとした固い塊に当たることがある。これこそが凝りや痛みを発しているわけだが、ちょっとやそっとのマッサージではほぐれにくく、対処療法で解消したとしても、再び同じところに塊ができることも多い。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について