日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday知っ得キーワード

「オメガ3系脂肪酸」が“いい油”No.1といわれる理由

頭と体を若く保つ「オメガ3系脂肪酸」

 渡辺満樹子=フリーライター/エディター 

太りやすい油と太りにくい油がある

EPAやDHAは青魚の魚油に多く含まれる。(©Olena Mykhaylova 123-rf)

 とりすぎると「太る」という印象がある油。だが、油はエネルギー源になるのはもちろん、体内で細胞膜の材料になるほか、脂質性の栄養の吸収を助けるなど、健康で若々しい体を作るために不可欠なものもある。

 油はラードや牛脂などの動物の脂やバターなどの乳製品に多く含まれる「飽和脂肪酸」と、オリーブオイルや大豆油などの植物に含まれる「不飽和脂肪酸」に分けられる。このうち、太りやすいのは飽和脂肪酸で、とりすぎてエネルギーとして使われなかった分は体脂肪となる。一方、不飽和脂肪酸はエネルギーや細胞膜の材料として使われるので、体の中にはたまりにくいといわれる。

 すべての油はそれぞれに含まれる脂肪酸が異なり、性質も異なる。不飽和脂肪酸は次のように分けられる。

  • オメガ9系(n-9系、オレイン酸など)・・・オリーブオイルやゴマ油などに含まれる
  • オメガ6系(n-6系、リノール酸など)・・・大豆油、コーン油などに含まれる
  • オメガ3系(n-3系、α-リノレン酸、EPA/DHAなど)・・・魚、亜麻仁油、エゴマ油などに含まれる
 

 なかでもオメガ6系とオメガ3系は体内で作ることができない「必須脂肪酸」と呼ばれており、適量をとることが大切だ。ただし、オメガ6系はとり過ぎると善玉HDLコレステロールを下げたり、アレルギーを助長することもあるので要注意だ。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について