日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday知っ得キーワード

実は競技能力とは無関係! 「動体視力」って何?

動体視力の数値が低いトップアスリートも。競技能力には経験や精神状態、判断能力、戦術・戦略なども影響する

 仲尾匡代=医療ライター

日本が金・銀・銅合わせて41個と、史上最多のメダルを獲得して幕を閉じたリオデジャネイロ五輪。8日からはパラリンピックが始まった。トップアスリートたちの身体能力のうち、“見る力”は、どれほど競技の優劣に関わっているのだろう。スポーツ選手の視機能について詳しい、えだがわ眼科クリニック(東京都目黒区)院長の枝川宏医師に解説してもらった。

トップアスリートに最も大切なのは静止視力

 トップアスリートの視機能は、一般人と比べて優れているのだろうか。国内のトップアスリートのメディカルチェックを行っている国立スポーツ科学センターで多くのスポーツ選手の視機能について調べてきた、えだがわ眼科クリニック(東京都目黒区)院長の枝川宏医師に話を聞いた。

 「3330人のトップアスリートの視力を検査したところ、全体の8割以上が1.0以上の視力を持っていました。これには、近視などをメガネやコンタクトレンズで矯正した人も含みます」(枝川医師)。ここでいう視力とは、定期健康診断などで受ける視力検査で測る視力のことであり、静止視力(Static Visual Acuity:SVA)とも呼ばれている。

 静止視力を競技種目別にみると、野球やテニスといった速いボールを目で追う球技種目の選手の方が、格闘技や陸上競技などの競技者よりも、視力が良いことが分かった(図1)。

図1◎ トップアスリートの競技別視力(枝川医師による)
全体の8割以上が、静止視力が1.0だった。(出典:日本視能訓練士協会誌;44,183-190,2015)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ボールや他の選手の動きを瞬時に認識してプレーすることが要求されるスポーツでは、視力が悪いままプレーした場合、ものをしっかりと認識できないために反応が遅れたり、プレーの正確度が悪くなったりします。そのため、正常視力(1.0以上)でプレーする場合と比較して、何らかのハンデを背負うことになるのです」と枝川医師は話す。プロ野球選手の中には、適切に視力を矯正した後に首位打者になった人もいるそうだ。

 では、動くものを目で追い、判別する視力「動体視力」はどうだろうか。「トップアスリートは動体視力が良い」というイメージを持っている読者は少なくないだろう。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について