日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > ボルダリングシューズ、初心者は「痛くない」を重視して!
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

ボルダリングシューズ、初心者は「痛くない」を重視して!

第5回 初心者のためのボルダリングシューズの選び方

 大谷珠代=日経Gooday

ボルダリングを行う際は、専用のクライミングシューズを履く必要がある。最初のうちはジムでレンタルするので十分だが、自分に合うサイズ選びのポイントは押さえておきたい。シューズを買う場合に、どんなタイプを選べばいいかも知りたいところ。それぞれのポイントを紹介する。

初心者のためのサイズ選びのポイント

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ボルダリングシューズのサイズ選びのポイントは、普段はいている靴よりも小さめのものを選ぶこと。シューズの中で足が動かないようにし、つま先でホールドに乗りやすいようにするためだ。では、具体的にどのくらいきつめのものを選べばいいのだろうか。

 実はプロクライマーはかなりきつめのサイズを履いていることが多い。本連載の講師・尾川とも子さんの場合も、普段の靴は23.5cmなのに対し、ボルダリングシューズのサイズはなんと19cm。「私たちはネジほどの大きさのホールドを踏んで登ることもあり、指先に一番力入れたいので、そのくらいきつめがちょうどいいんです」(尾川さん)。

 ただし、「初心者が踏むホールドはせいぜいこぶし大なので、そこまできつめでなくても大丈夫です」と尾川さん。具体的には、普段の靴より1cm程度小さめを目安にするとよい。数値以外の、サイズ選びのチェックポイントは次の通りだ。

Check1 履いて1~2分我慢できるかどうか

 ボルダリングでスタートからゴールまで登り切るのに1分ほどかかる。なので、1~2分我慢できない痛さの場合は、まず却下。「そもそも登り切ることができないし、初めてのシューズがきつすぎると、足が痛い思い出しか残らず、ボルダリングを楽しめなくなる」(尾川さん)からだ。

Check2 シューズを履いて5分程度つま先立ちできるか

 ボルダリグでは、つま先だけでホールドを踏んで登って行く。そのため、つま先立ちで5分程度我慢できないサイズは避けたほうがいい。ちなみに、小さめのシューズを履くと足指はかなり丸めた状態になるが、それで全く問題ないそうだ。

 上記の2ポイントをクリアできるものとなると、最初は1cm程度小さいものに落ち着くことが多いだろうが、上達してより小さなホールドを踏むようになれば、それをブカブカに感じるようになるかもしれない。その際はより小さなサイズを選ぼう。

 ちなみに編集部Oは女性にしては足が大きく25~25.5cmの間くらい。日本サイズとアメリカサイズの関係は、25.5=8、25.0=7.5、24.5=7、24.0=6.5であり、ものは試しと6.5から試したが、6.5は足を入れるのがやっとで履いた瞬間に指が痛くなり、7は履いて10秒ぐらいで痛くなったので論外ということに。7.5はきつめだが座ったままでいれば5分は我慢できる状態だったため、それに決めようとしたが、痛すぎてつま先立ちはできないことが判明。「足が痛いばかりでボルダリングが楽しめないのが一番もったいない」という尾川さんの意見を参考に、結局、長く履いていても痛くならない8を選んだ。ちなみに8でも足指はかなり丸めている状態だ(実は編集部Oの足のサイズは25.5cmより大きいのではないかという疑惑も!!)。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.