日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

尾川とも子のボルダリング入門

東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?

第1回 プロクライマー・尾川とも子さんに聞くボルダリングの魅力

 大谷珠代=日経Gooday

全身の筋肉を鍛え、基礎代謝アップやしなやかな体作りの効果があるとされる「ボルダリング」。2020年東京五輪の種目として採用される見通しにもなり、「自分もやってみたい!!」と興味を抱く一方で、「筋力がないと無理かも」「一人ではジムに行きにくい」と、なかなか踏み出せずにいる人も多いのではないだろうか。そんな人のために、日本人女性初のプロクライマー・尾川とも子さんが、これ以上ないほど分かりやすく、楽しく、ボルダリングのノウハウを披露する。さぁ、この機会にあなたも“ボル男”&“ボル女”になろう!

 ボルダリングとは、ご存知の方も多いだろうが、壁についたカラフルな石(ホールド)をたよりに、高さ3~5mの壁を這い登っていくスポーツだ。最近は専門のジムも増え、また、2020年の東京オリンピックの競技になる可能性もあり、今最も注目されているスポーツの一つと言っていい。

 しかも調べてみると、ボルダリングにはヒップアップ効果をはじめ、全身の筋肉を鍛え、しなやなか美しい体を作る効果もあるという。編集部Oが、自分の周囲の人に「どんなスポーツならやってみたい?」と聞いて回ったところ、ヨガ、ボクシング、登山、サーフィン、空手、テニス…などいろいろ挙がった中で、最もやってみたいという声が多かったのがボルダリングだった。

 そんなことからスタートが決まったこの企画。編集部があれこれ調べた末、指導役をお願いしたのが、尾川とも子さんだ。

 尾川さんは、女性として世界で初めて最高難度ボルダーグレードV14(五段)の完登に成功したクライマーだ。早稲田大学理工学部応用物理学科在学中の2000年、国体山岳競技に誘われたことがきっかけでボルダリングの世界へ。2008年4月に日本人女性初となる難度V12を達成し、世界のトップと肩を並べるも、その記録では満足できず、2009年秋から女性では前人未到の難度V14に挑み始め、ついに2012年10月に完登してその名を世界に轟かせた、という華麗なる実績の持ち主だ。

 尾川さんのブログに掲載されているV14の岩を完登したときの映像は必見モノ。大きな岩に張り付いて自在に歩き回る尾川さんは、まさにスパイダーマンそのものだ。

V14に挑戦中の尾川さん。ペットボトルの蓋や割り箸くらい小さな突起だけをたよりに、岩に張り付いて動きます。本当にスパイダーマンみたいじゃないですか!?
[画像のクリックで拡大表示]
2006年にAsian X−gamesで優勝したときの模様。
[画像のクリックで拡大表示]

 ぜひご指導いただきたいと思い連絡をしたところ、ありがたいことにご快諾いただき、まずはボルダリングの魅力について、直接お話をうかがうことになった。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について