日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > コツを知るだけで初心者でも登れる!ボルダリングの前傾壁

尾川とも子のボルダリング入門

コツを知るだけで初心者でも登れる!ボルダリングの前傾壁

第11回 前傾壁に挑む

 鶴見佳子=フリーライター

垂直壁を登るのに慣れてくると、次にチャレンジしたくなるのが「前傾壁」。壁が傾いているだけで難しそうだが、先輩たちは軽々と楽しんでいるように見える。傾斜があってもボルダリングの基本は同じ。重力に負けない攻略法を身に付けよう。

前傾癖の基本姿勢は「腕はまっすぐ、足は腰の高さ」

 「私だって初心者のころは、こんな傾いた壁に人間が登れるの?って思ったんですよ」と尾川さんも話す、前方に傾いた「前傾壁」。垂直壁(90度)より前に10度傾いた100度の壁や120度、130度など傾き度合いはいろいろあるが、100度程度の傾きでは垂直壁とあまり変わり映えがしないので、初心者は110度くらいから始めてみよう

 前傾壁の基本姿勢は下の写真の【2】のような感じ(※写真は傾斜が分かりやすいよう120度で撮影しました)。まず、両手で持ちやすいホールドを探す。そのホールドを両手で持ってぶら下がり、足を床から離してみる(写真【1】)。次に手を伸ばしたまま、腰の位置にあるホールドに両足を乗せる(写真【2】)。足は、肩幅と同じ程度に広げる感じ。壁の傾斜がこれより緩い場合も、強い場合も、基本は同じだ。

【1】
腕を伸ばし、ぶら~んとぶら下がってみる。自分の体の重さを腕にずっしり感じ、愕然とするかも
[画像のクリックで拡大表示]
【2】
腰の位置にあるホールドに両足を乗せる。足は肩幅に開いて
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、下の写真は基本の姿勢のNG例だ。このように腕を曲げて体を壁にくっつけると、腕が疲れやすくなる。腕は伸ばし、体を壁から離すようにしよう。

【3】NG例
[画像のクリックで拡大表示]
体を壁にくっつけると、腕が曲がって疲れやすくなるので、腕を曲げてはダメ!

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.