日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

尾川とも子のボルダリング入門

【ボルダリング講座】足を乗せにくいホールドの攻略法

第7回 足のホールドを使いこなす(1)

 鶴見佳子=フリーライター

初心者向きのコースはたいてい「足自由」(手で持つホールドだけを設定し、足はどのホールドに乗せてもいい)で、しかも比較的足が乗せやすい形状のホールドになっているはずだ。だが上達してくれば、いずれ「足限定」(足を置くホールドが決められている)の壁に挑まなくてはならないし、足が乗せにくいホールドだってある。それらを乗り越えるには、ホールドの特徴に応じた足の置き方や足の送り方が決め手となる。

小さいホールドはつま先を使う

足を乗せる場所が手の指の幅より小さいホールドもある。
[画像のクリックで拡大表示]

 ホールドの中には、「ここに本当に足が乗るのだろうか?」と不安な気持ちにさせるほど小さなホールドもある。ビス止めの小さなホールド、六角のボルトなど、足を乗せる幅が1センチ未満という場合だって‥‥。

 こんな極小のホールドには、つま先で乗る。親指の腹(爪の際の下あたり)に力を入れて乗せるイメージだ。小さいホールドに乗ると、最初は親指がかなり痛く感じるが、それは仕方ないこと。誰だって最初は痛い。練習を繰り返し、だんだん慣れていくしかない。壁とかかとが90度になると、一番足に力の入る足の置き方となる。

足と壁が90度、この置き方は◯(写真左)。足と壁が180度、この置き方は×(写真右)。
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について