日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

教えて!マイドクター

救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(後編)

ニーズを伝えれば、満足度が上がる

 梅方久仁子=ライター

お医者さんに診てもらうときに、どうも話がかみ合わないことはないだろうか。どうすれば、受診後にすっきり満足するのか。日本赤十字社医療センター(救命救急センター)をはじめとする全国の病院で診療経験がある沖山翔医師に聞いた。前編はこちら

受診の目的を見つめ直す

前回は、いかに症状をうまく伝えるかについて伺いました。ほかに受診のときに気を付けることはありますか。

沖山 少し方向が違うかもしれませんが、私が考えていることをお話ししてもいいですか。

 患者として病院を受診する目的は何でしょうか。「病気を治すために決まっている」と言われるかもしれませんが、実際には案外多様なニーズがあると思います。

 例えば、「症状の軽減」が主な目的の場合があります。「自分が風邪であることは分かっているし、風邪が薬で治らないことも分かっている。でも、明日、この先1年の仕事がかかったプレゼンテーションがある。明日1日だけでも、のどの痛みを抑えて話せるようにしてほしい」とか。それから、「不安の除去」が主な場合もありますよね。「半年くらい前から、ときどき胸が痛む。痛みは軽いので全然困っていないけれど、ひょっとして悪い病気だったら、どうしよう。念のために診てもらおう」とか。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について