日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 教えて!マイドクター  > 救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(後編)
印刷

教えて!マイドクター

救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(後編)

ニーズを伝えれば、満足度が上がる

 梅方久仁子=ライター

お医者さんに診てもらうときに、どうも話がかみ合わないことはないだろうか。どうすれば、受診後にすっきり満足するのか。日本赤十字社医療センター(救命救急センター)をはじめとする全国の病院で診療経験がある沖山翔医師に聞いた。前編はこちら

受診の目的を見つめ直す

前回は、いかに症状をうまく伝えるかについて伺いました。ほかに受診のときに気を付けることはありますか。

沖山 少し方向が違うかもしれませんが、私が考えていることをお話ししてもいいですか。

 患者として病院を受診する目的は何でしょうか。「病気を治すために決まっている」と言われるかもしれませんが、実際には案外多様なニーズがあると思います。

 例えば、「症状の軽減」が主な目的の場合があります。「自分が風邪であることは分かっているし、風邪が薬で治らないことも分かっている。でも、明日、この先1年の仕事がかかったプレゼンテーションがある。明日1日だけでも、のどの痛みを抑えて話せるようにしてほしい」とか。それから、「不安の除去」が主な場合もありますよね。「半年くらい前から、ときどき胸が痛む。痛みは軽いので全然困っていないけれど、ひょっとして悪い病気だったら、どうしよう。念のために診てもらおう」とか。

1/6 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.