日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

やせる5分おつまみ

コンビニの総菜でもOK 「やせる」酒のつまみ選びで知っておくべきこと【炭水化物編】

PFCバランスを意識し、まずはC(Carbohydrate=炭水化物)を減らす

 

毎日の晩酌が最大の楽しみという人も多いだろう。肉や揚げ物が好きだから減量はムリ…というあなたに朗報! お酒や脂っこいものをとってもOKのダイエット法がありました。その名は『ゆるやかローカーボ』。コンビニやスーパーで買った総菜をアレンジするだけでOK! まずは、基本編ではPFCバランスを意識してC(Carbohydrate=炭水化物)を少し減らす工夫から。食べてやせよう!

[画像のクリックで拡大表示]

PFCからなる三大栄養素

 三大栄養素は体を動かすエネルギーの源となるもので、P(たんぱく質)F(脂肪)C(炭水化物)の3つを指す。日本人はエネルギーの約6割を炭水化物でとっているが、炭水化物のとり過ぎが肥満や脂肪肝、生活習慣病の原因ともいわれている。最近では、炭水化物の割合を減らすダイエット法に注目が集まっている。


減らすべきは脂肪ではなく炭水化物

 人気のおつまみといえば、空揚げ、ポテトチップス、チーズなど脂っこいものが定番。やせるためには脂肪を控えなければ…と思いがちだが、「太る原因は、脂肪ではなく炭水化物」というのは、灰本クリニックの灰本元院長だ。

 最近、糖尿病の新たな食事療法として「炭水化物(糖質)制限、ローカーボ」が注目されて いる。これは、炭水化物の摂取は制限するが、ほかは何を食べてもOKというもの。種類を選べばお酒も飲め、面倒なカロリー計算や、食べたいものを我慢するストレスも少ないため継続しやすく、血糖コントロールや減量に効果を発揮する。もちろんお腹を凹ますのにもいい。

 しかし、「日本人の食事はご飯を中心に構成されているため、炭水化物を極端に減らすダイエ ットは、不自然で長続きしません」と管理栄養士で料理家の金丸絵里加さん。「血糖値が高めだったり、軽い肥満が気になる程度なら、1食分の炭水化物を抜く『ゆるやかローカーボ』がお薦めです」(灰本院長)。安全かつ有効に減量するには「炭水化物をちょっと減らす」のがポイントだという。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について