日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

猫背解消の特効薬「背肉絞りウォーキング」にトライ!

コンペ3週目は「脚力アップ」を実感する声多数。連休中の食べ過ぎで“増量”した方も

 氏家裕子=ライター、稲川哲浩=日経Gooday

日経Goodayは、9月5日から10月30日にかけて、読者の方々100名にご参加いただくウォーキング実践コンペを開催しています。この連動企画では、日々のウォーキングの達成度(歩行距離、早歩き歩数、階段登り歩数)などをランキング形式で毎週ご紹介するとともに、ウォーキングのメソッドやQ&Aもお伝えしていきます。コンペ参加者はもちろん、読者の方々にも意欲的にウォーキングに取り組んでいただき、ダイエットや生活習慣病の予防など健康増進のお手伝いをしたいと考えています。

 秋らしい爽やかなお天気が続くなか、9月5日に始まった日経Goodayの読者100人が参加する「ウォーキング実践コンペ」(最終ページ参照)では、歩行距離や階段歩数などに関する3週間目までのデータ集計が終わりました(ランキング表は4ページに掲載しています)。

 前回はウォーキングコンペを2週間終えたことで、「体調が良かった」「体重が減った」といった参加者の報告を多く頂きましたが、3週目を終えた今回は、「脚力がついてきた(回答者数26人)」「快眠が得られた(同26人)」といった効果を感じる人が増えました。体調面やダイエットに関する効果に加えて、3週間の運動継続によって体力の向上を実感されたということでしょう。

ウォーキング実践コンペの参加者に聞いた3週間目の効果
[画像のクリックで拡大表示]
「脚力がついてきた」「快眠が得られた」などの回答が多く寄せられた。(回答者数は80名/複数回答)

シルバーウイークで歩数を減らした方も

 この3週目はシルバーウイークに当たる週で、好天気に恵まれてハイキングや山登りなどで歩数を増やした方もいれば、通勤で歩く必要がなかったことで1~2週目より歩数を減らしてしまった方もいたようです。また、2週目はダイエットの効果を実感していた方が多かったのですが、連休中に楽しんだレジャーでグルメを楽しみ過ぎたところ、体重の減少にブレーキがかかってしまったというコメントを多く頂きました。

 今回は、自分の意志でウォーキングを続けることの難しさを実感する良い機会になったかもしれませんが、中には「コンペでデータの記録を続けることが、継続のためのモチベーションになっている」というコメントを頂いた方もいました。コンペに参加されていない方々も、まず歩数や体重などの記録から運動の習慣をつけてはいかがでしょうか。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について