日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

Goodayクイズ

中性脂肪を下げるには、「コレステロール」と「糖質」どちらを減らせばいい?

クイズで学ぶ「脂質異常症」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)糖質やお酒の量を減らす です。

同じ「脂質異常症」でも、タイプによって戦略は異なる

(C)Jarun Ontakrai -123rf

 健康診断の血液検査で、「脂質」に関する項目としてよく目にするのが「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」「中性脂肪」です。

 LDLコレステロールは「悪玉」と呼ばれていて、数値は高いほど良くない。反対に、HDLコレステロールは「善玉」で、低い方が良くない、ということをご存じの方も多いでしょう。これら3つの値のいずれかが異常値になると、脂質異常症と診断されます。

 「脂質異常症を放置すると、徐々に動脈硬化が進み、狭心症、脳梗塞などで突然死に至ることも珍しくありません。そのため、脂質異常症は高血圧と同様、サイレントキラーと呼ばれます」(帝京大学理事・名誉教授で同大学臨床研究センターセンター長の寺本民生さん)。

 寺本さんによると、脂質異常症の約9割は、動物性脂肪に偏った食生活や運動不足、喫煙などの生活習慣によるもの。「なかでも多いのが、悪玉の高LDL、高中性脂肪の2つで、割合はほぼ同程度です。善玉の低HDLはそれほど多くありません」(寺本さん)。

 では、異常値を見つけたら、どのように正常に戻せばいいのでしょうか。

 「生活習慣が原因の脂質異常症の場合、生活を変えれば改善するはずです。そのため、通常、すぐには薬を使いません。高LDLに対しては運動はあまり効きませんが、食事療法は効果が高く、コレステロールや飽和脂肪酸(*1)の摂取量を減らすと効果があります」。

 具体的にはこのような手順で進めます。「まずは1カ月間、肉や卵などの動物性脂肪を徹底的にやめてもらいます。その生活を一生続けるわけではなく、その人の体が食事の変化に反応するかどうかを実験するのです。食事を変えて反応が出る人は、LDLが顕著に下がります。1カ月で20%も下がる人もいるほどです。反対に、食事を変えても反応しない人には、薬による治療を検討します」と寺本さん。

 一方、中性脂肪が高い場合、その原因の多くは、アルコールや糖質の取りすぎです。「男性はお酒をよく飲む、女性はお菓子が好き、という具合に男女で傾向がきれいに分かれるので、性別によって生活指導を変えていきます。また、中性脂肪値を下げるには運動も効果的です」(寺本さん)。

[画像のクリックで拡大表示]

 なお、善玉のHDLの低下には食事はほとんど関係ないのだとか。「代わりに効くのが運動です。低HDLの原因は、喫煙、肥満、運動不足の3つですが、多くの場合、運動すれば数値は上がります」と寺本さんは話しています。

*1 飽和脂肪酸:肉の脂身などの動物性脂肪に多く含まれ、悪玉のLDLや中性脂肪を増やす原因となる。
この記事は、「コレステロールと中性脂肪、どうすれば正常化する?」(執筆:田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について