日経グッデイ

Goodayクイズ

「汗をかいた分だけ、脂肪が燃焼する」ってホント?

クイズで学ぶ「脂肪燃焼」

 日経Gooday編集部

日経Gooday読者のみなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? Goodayクイズでは、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。出題範囲は日経Goodayに掲載した記事です。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。では早速、今週のGoodayクイズを始めましょう。

脂肪燃焼に関する問題

【問題】本格的に暑くなってきました。夏場の運動は汗を多量にかきますが、「汗をかいた分だけ、脂肪が燃焼する」ってホント? ウソ?

  • (1)ホント
  • (2)ウソ

 正解は、(2)ウソ です。

汗を流しても脂肪が減るわけではない
汗を流しても脂肪が減るわけではない。(©stylephotographs-123rf)

 汗をかいたぶんだけ「脂肪が燃焼する」「お腹が凹む」と思われている方がいらっしゃるかもしれませんが、かいた汗の量と脂肪燃焼量は比例関係にありません。つまり大量に汗をかくからといって脂肪がたくさん燃焼したわけではなく、逆に汗をほとんどかかないからといって脂肪が燃焼していないわけでもないのです。

 ボクサーが減量のために厚着をして走り込んだり、ジムの室温を上げて汗を出して体重を減らしていたりする姿をテレビなどで見て、「減量=汗を出す」と思っている方もいるかもしれません。サウナスーツのようなものを着ているのは脂肪を燃焼させるのではなく、汗を流して体内の水分を抜くのが目的。一般の方が水分を体内から出して一時的に体重を減少させても、意味がありません。

 脂肪を燃焼したい場合、「厚着でランニング」「サウナで汗をたっぷり出す」というのは効率的ではありません。もちろん汗をかくことは気持ちが良いことですし、ストレス解消にもなるでしょう。しかし、脂肪燃焼の効率を考えた場合、必ずしも汗を絞り出す必要はないのです。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』
「汗をかく=脂肪が落ちる」は勘違い!

関連記事