日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Goodayクイズ

男性ホルモンが減ると、うつ病になりやすいってホント?

クイズで学ぶ「男性ホルモンの働き」

 日経Gooday編集部

正解は、(1)ホント です。

男性ホルモンが作用する体の部位
(辻村さんの資料を基に編集部で作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここ数年、男性ホルモンに対する関心が高まっています。男性ホルモンと聞くと“下半身”の話を連想する方が多いかもしれませんが、それだけでなく、男性ホルモンにはさまざまな働きがあることが分かってきました。

 例えば、全身の筋肉を増やし、体脂肪を減らす作用もあります。男性ホルモンが減るとメタボリックシンドロームになるリスクが高くなり、寿命が短くなることも分かっています(Arch Intern Med. 2006;166(15):1660-5.)。

 さらに、男性ホルモンの「精神面」への影響も近年の研究で明らかになってきました。

 順天堂大学医学部附属浦安病院(千葉県浦安市)泌尿器科先任准教授の辻村晃さんは、「(主要な男性ホルモンである)テストステロンは社会性のホルモンなんです」と説明します。男性ホルモンが多い人は精力的で元気が良くなり、外に出て、積極的に他人とかかわろうという意欲を起こさせます。また、リスクを恐れない冒険心も強くなるのだそうです。

男性更年期外来患者の47.8%がうつ病だったという報告も

 これに対して、「家にひきこもって人と会わない生活をしている人は、男性ホルモンの分泌が少なくなることが知られています」と辻村さん。

 テストステロンの数値が極端に低くなった状態を男性更年期障害LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼びますが、その「診療の手引き」には主な症状として「抑うつ」が挙げられています。2015年の米国内分泌学会の第97回年次会議(ENDO 2015)でも、「男性ホルモンとうつ」の関係が報告されました。テストステロンが標準よりも低い20~77歳の男性200人のうち、実に56%にうつ症状が見られ、25%は抗うつ薬を使っていたそうです(J Sex Med. 2015;12(8):1753-60.)。

 日本でも男性更年期外来の受診患者のうち47.8%がうつ病だったという報告があります。「テストステロンが低いと、うつ病のリスクが高くなるのは間違いありません。私の男性更年期外来に来た患者では175人のうち140人、80.0%にうつ症状が見られました」と辻村さんは話します。

 テストステロンが低くなると、なぜうつ病になりやすくなるのでしょうか。まだ正確なメカニズムは分かっていませんが、もともとテストステロンは「外に出て人と会おう」という意欲を高める社会性のホルモン。減ると行動するのがおっくうになり、人とかかわりたくなくなるのは納得できます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について