日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 血糖値を下げるにはどんな運動がいい?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

血糖値を下げるにはどんな運動がいい?

クイズで学ぶ「血糖値と運動」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)両方を実践するです。

「有酸素運動」と「筋トレ」の併用がベスト

 2017年9月に厚生労働省が発表した平成28年「国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる者」(糖尿病有病者)、「糖尿病の可能性を否定できない者」(糖尿病予備群)はいずれも約1000万人と推計されています。糖尿病は今や、れっきとした“国民病”といえるでしょう。

 糖尿病は、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)を下げる機能がうまく働かず、血糖値が高いままになる病気です。自覚症状はほとんどありませんが、高血糖の状態が血管や神経にダメージを与え、やがて網膜症(悪化すると失明)、腎症(悪化すると透析が必要)、神経障害(悪化すると下肢などを切断することも)といった深刻な合併症を引き起こします。脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクも高まります。

 糖尿病になると、体の内部がじわじわとむしばまれ、やがて致命的な事態に至ります。このため糖尿病は「サイレント・キラー」(静かなる暗殺者)と呼ばれています。

 糖尿病は血糖値が高いままになる病気ですから、治療の基本は血糖値を下げることになります。立命館大学スポーツ健康科学部教授の家光素行さんは、「血糖の糖分は、筋肉のエネルギー源の1つです。運動で筋肉を動かせば、糖の利用が増えて、血糖値が下がるので、運動療法は糖尿病対策の重要な柱となります」と話します。

 実際、血糖値が高めで病院に行くと、医師から「運動をしましょう」とアドバイスされます。では、どんな運動がいいのでしょうか?

 家光さんは、「有酸素運動と筋トレ、どちらも血糖値を改善します。2つを比較するなら、有酸素運動の方が効果が高い。ただ近年の研究から、理想は両方を併用することだと分かってきました」と話します。

 下のグラフは、米国で行われた研究結果です。患者を4グループに分けて「有酸素運動」「筋トレ」「有酸素と筋トレ併用」「運動なし」に振り分け、効果を追跡しました。その結果、運動をした3グループの全てで、血糖値の指標であるヘモグロビンA1c(HbA1c)が下がりましたが、最も結果が良かったのは併用グループでした。

筋トレと有酸素運動を併用すると、最も効率よく血糖値を改善できる
糖尿病患者262人を4グループに分け、筋トレ週3回(73人)、有酸素運動のみ(72人)、有酸素運動と筋トレ週2回(76人)、運動なし(41人)に振り分けた。運動をした3グループの運動時間は、どれも週150分程度にそろえてある。血糖値の指標であるヘモグロビンA1c(HbA1c)は「有酸素と筋トレ併用」>「有酸素のみ」>「筋トレのみ」の順に低下。このうち「有酸素と筋トレ併用」だけが、統計的に有意な差だった。(JAMA. 2010; 304: 2253-62.)
[画像のクリックで拡大表示]

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.