日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 認知症予防には「社会的結びつき」が効果あり? 被災地での調査で
印刷

一から学ぶ、認知症

認知症予防には「社会的結びつき」が効果あり? 被災地での調査で

東日本大震災の前後で、高齢者の認知機能の変化を調査して判明

 金沢明=ライター

 全国のおよそ20万~30万人の高齢者を対象にしたJAGES(Japan Gerontological Evaluation Study,日本老年学的評価研究)プロジェクトでは、健康状態に影響を及ぼす様々な社会・環境要因について調べている。そのうちの一つ、宮城県岩沼市での定点調査で、東日本大震災の前と後の高齢者の認知機能の変化について調べた。その結果、住宅の全壊は脳卒中や歩行時間の変化と同等以上に認知機能低下の大きなリスク要因であることや、「社会的結びつき」を持つことが認知症予防に効果があることが明らかになった。

「住宅の全壊」は認知機能悪化のリスクを最も高める

 JAGESは健康長寿社会のための予防政策の科学的基盤づくりを目標とした研究プロジェクトで、全国の大学、国立研究所などの30人を超える研究者が、全国39の市町村(2016年の調査時)と共同し、ほぼ3年ごとに各地で高齢者を対象とした調査を行っている。

津波で被害に遭った宮城県岩沼市の市街地

 同プロジェクトでは、たまたま2010年8月に宮城県岩沼市で、全高齢者を対象に暮らしに関する調査を行っていた。東日本大震災の7カ月前のことである。その後、2011年3月11日の東日本大震災で、海に面した岩沼市は大津波に襲われ、大きな被害を受けた。それまで住んでいた所を離れざるを得ない住民も多数いた。

 そして、震災後2年半がたった2013年10月、同プロジェクトの一環で、ハーバード大学公衆衛生大学院リサーチ・フェローの引地博之氏は、岩沼市の同じ高齢者の認知機能の調査を実施した(*1)。「被災の経験が認知機能低下と関係しているかどうか」を調べたのである。調査対象3566人の高齢者のうち38%が災害で親戚や友人を失っており、59%が浸水や構造的損傷など何らかの住宅被害を受けていた。また、震災前に認知症の判定を受けていた回答者は4.1%だったが、震災後は11.5%まで増加していた。

 この2013年の調査で、「認知機能の低下」と「住宅の被害」の間には統計的に有意な関連性が見られた。つまり、住宅が全壊した高齢者は、住宅被害がまったくなかった高齢者に比べ、認知機能が低下しやすいことが示されたのだ。

 引地氏は、「住宅の全壊は、歩行時間、脳卒中の発症、年齢、世帯所得、高血圧、糖尿病、高脂血症、飲酒、喫煙といった認知機能に与える様々な影響を差し引いても、それ自体が認知症発症の大きなリスク要因であったことが分かりました。住宅が全壊した人は、生活基盤を失ったうえ、慣れない環境への転居を余儀なくされたり、うつ症状を発症することで、認知症が発症したり悪化したりした可能性が高いと考えられます」と分析する。

「社会的結びつき」が認知症の進行を緩和

 引地氏らは次に、「被災地での認知機能低下を防ぐ方法はないか」という視点で、引き続き同じデータを基に、「震災前に比べて社会的結びつきが改善した人は、住宅被害が認知機能に及ぼす影響が小さいかどうか」を検証した(*2)。その結果が2017年7月に発表された。その内容を一言で言うと「震災前に比べて社会的結びつきが改善した人は、住宅被害によって引き起こされた認知症の悪化が緩和されている」ということだ。

*1 Hikichi H,et al. Proc Natl Acad Sci USA. 2016;113(45):E6911-E6918.
*2 ikichi H,et al.The Lancet Planetary Health. 2017;1(3):E105-E113.

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.