日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

一から学ぶ、認知症

親が認知症と診断されたら、まず何をすべき?

あとで慌てないための介護準備のポイント

 伊藤左知子=フリーライター

「最近、母の物忘れがひどくなり、病院へ行くと初期の認知症と診断されました。この先どうなるのか不安です」。40代のある女性がこう漏らすように、親が認知症と診断されたら、覚悟はしていても、大きな衝撃を受けるものである。しかし、落ち込んでいても、認知症は徐々に進んでいく。気持ちを切り替え、将来に向けて準備を進めることが大事だ。今回は親が認知症になった場合の介護の準備のポイントについて解説する。

【1】認知症を受け入れ、状況を把握する

イラスト=平井さくら

 認知症と診断を受けて一番辛いのは本人だが、家族にとっても衝撃は大きい。「認知症の親を介護するために会社を辞めるなど、自分の生活を犠牲にしなければならないのではないか」などと、不安は尽きない。

 しかし、介護者自身の生活を犠牲にするほど負担が大きいと、介護は続かない。親が認知症と診断されたら、まずは落ち着いて、現状を把握することが大事である。そのうえで、数ある選択肢の中から、どのように生活していくのが介護する側とされる側にとっていいのかを、話し合って決めることが大切である。

 整理してみると、認知症の診断が下った後の生活の選択肢は以下に示したようにたくさんある。親が独居の場合であれば、子としては心配も多いだろうが、住み慣れた家を離れたくない人もいるし、子どもと暮らすために引っ越して、生活環境が変わることで、認知症が急速に進行する場合もある。親がどのような生活を希望するのか、また、介護する側としてもどういった生活なら継続可能なのかを考慮して検討を進めることが重要だ。

 いずれの場合も、あとで紹介する介護保険のサービスをうまく活用すれば、介護の負担は大きく軽減される。

【認知症と診断された後の生活の一般的な選択肢は?】
生活環境介護の方法
1 独居子どもの介護を受けず、一人での生活を続ける
子どもが親の家に通って介護する
子どもが親の家に住んで介護する
2 配偶者と二人暮し配偶者が介護する
配偶者が介護し、子どもが通って介護を支える
3 子どもと同居子ども(世帯)が介護する
4 施設に入居施設職員が介護する

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について