日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

一から学ぶ、認知症

認知症は遺伝する?

祖父母や両親が認知症だと、自分もなりやすいの?

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

「祖父母や父母が認知症になったので、自分も認知症になるのではないか?」。そんな不安を抱えている人も少なくないのではないだろうか?そもそも認知症は遺伝するのか。認知症になる原因は何か。認知症の症状や治療法、患者への対応法など、知っておきたい基礎知識についてわかりやすく解説する本連載。今回は「認知症が起こるメカニズム」を探ってみよう。

認知症の一番の原因は「加齢」、95歳以上の発症率は約8割

イラスト=平井さくら

 親が認知症の人は、認知症になりやすいのか? そもそも認知症は遺伝するのか?

 気になるところだが、川崎幸クリニック院長の杉山孝博さんによれば「遺伝が原因で認知症になる人はごく稀です」とのこと。若年性アルツハイマー病の一部に、原因遺伝子が分かっている家族性アルツハイマー病があるが、それは若年性アルツハイマー病の1割程度にすぎないという。つまり、「親が認知症になったから、家系に認知症の人が多いから、自分も…」という心配はあまりしなくてもいいのだそうだ。

 では、認知症の原因は何だろうか。

 認知症には複数のタイプがあり、原因と問われても一言では答えられない。ただ、「発症と最も関連が深いのは『加齢』です」と杉山さんは話す。

 2013年5月に厚生労働省研究班が調べた調査によれば、日本における認知症高齢者は462万人、認知症予備軍は約400万人。その中で年齢別の発症率を見てみると、65~69歳で2.9%、70~74歳で4.1%、75~79歳で13.6%、80~84歳で21.8%、85~89歳で41.4%、90~94歳で61.0%,95歳以上で79.5%となる。80歳を過ぎると、ぐんと発症率が高くなっていることが分かるだろう。

◆認知症の年齢別発症率
厚生労働科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」総合研究報告書(平成23~24年度)より

 つまり、年を取るにつれて、誰でも認知症になる可能性は高くなるということだ。それなら、手の打ちようはないということか。

 「そんなことはありません。難しいのですが、認知症を予防したり、発症を遅らせることや症状を軽くすることは、ある程度可能です」と杉山さんは言う。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について