日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

一から学ぶ、認知症

高カカオのチョコレートは脳によい影響を与える?

加齢とともに減るBDNFを増やす可能性アリと期待

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

 2月のバレンタインデーシーズンは世界中からチョコレートが集まるおいしい季節。プレゼント用のみならず自分用に購入する人も多いのでは? そんな折、高カカオのチョコレートが、もしかすると脳にいい影響を及ぼすかもしれないという研究報告が出てきた。はたして、チョコの成分と認知症の関係はいかに。

チョコレートを食べると増えるBDNFに認知症予防の期待

高カカオチョコレートを毎日25g摂取すると増えるBDNFって?(©Monika Adamczyk -123rf)

 甘くておいしいチョコレート。そのルーツは紀元前後の中南米といわれ、最初の頃はカカオにスパイスを加えた甘くない飲み物を作って、それを皇帝が薬として飲んでいたとか(*1)。その後、チョコレートはヨーロッパに渡り甘いお菓子として発展していくわけだが、現代になって再びチョコレートの健康効果が注目されている。

 「近年、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには抗酸化作用があり、コレステロール値の改善、血圧低下など、生活習慣病の予防と改善に期待できるとする研究報告が数多く出されています」と話すのは桜美林大学老年学総合研究所所長の鈴木隆雄さん。

 そうした中、チョコレートの摂取が脳に何らかの効果があるかもしれないという研究が報告された。この研究は日本人を対象にした調査研究で、愛知県蒲郡市、愛知学院大学、菓子メーカーの明治が産学共同で実施したもの。蒲郡市内外の45~69歳までの347人(男性123人、女性224人)に4週間(2014年6月から7月中旬)、カカオポリフェノールを多く含むチョコレート(*2)を毎日25g(5gを5枚)、合計約150キロカロリー摂取してもらい、摂取前後の血圧測定や血液検査などで身体の状態の変化を検証したものである。

 この研究の結果、チョコレートの摂取前(0週)と摂取後(4週)を比べると、BDNF(脳由来神経栄養因子)の血中濃度が有意に上昇していたことが分かったという(*3)。

 実はこのBDNF、認知症と深く関係があるのではないかといわれている。

*1 日本チョコレート工業協同組合ホームページ
*2 カカオ分72%のチョコレートを使用
*3 「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」レポート (愛知県蒲郡市、愛知学院大学、 明治の産学共同)
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について