日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

色おにぎりのススメ

おにぎりでは物足りない人にお薦めのおかずメニュー

乾物・おから・野菜の食物繊維たっぷりおかずで“出るパワー”をアップ!

 

おにぎりは、大腸に水分を届けてくれる立派な便秘対策食品。ご飯に押し麦や雑穀、具に野菜や乾物をプラスして食物繊維たっぷりにしたお通じ力No.1の“色おにぎり”で食生活を見直そう。今回、ご紹介する食物繊維が豊富な食材を使ったおかずを加えれば、さらに“出るパワー”がアップできる!

 前回ご紹介したおにぎり(関連記事:「お通じ力No.1の“色おにぎり”でしっかり出る! 元気が出る!」)だけではちょっと物足りないという人は、食物繊維が豊富な食材を使ったおかずを加えてみよう。野菜では、ニンジンなどの根菜、緑色の濃い葉物野菜などを使う。火を通すことで、かさがぐっと減らせるものが多く、たくさん食べられる。

 ヒジキや海藻などの乾物、おから、コンニャクなどの伝統食品も取り入れよう。面倒そうなヒジキやおからも、今回紹介する炒め物ならサッと作れる。

 「お弁当向けに汁気を少なく、味付けを濃くしているので、おにぎりに混ぜたり芯にできるものが多い」と、料理研究家の久保香菜子さん。いずれも分量は3食分程度。冷蔵庫で3~4日は持つので、作り置きしよう。

繊維豊富な伝統食材を利用、新しい魅力も発見!

卵サラダ風でポソポソ感なし!「コンニャクとおからのマヨ炒め」

  • 1食分 136kcal
  • 食物繊維 2.7g
材料(3食分)
  • 糸コンニャク …… 75g
  • おから …… 50g
  • ゴマ油 …… 小さじ1/2
  • マヨネーズ …… 45g
  • 牛乳 …… 大さじ1
  • 塩 …… ひとつまみ
  • コショウ …… たっぷり
作り方
  • (1) 糸コンニャクは1cm長さ程度に細かく切る。
  • (2) フライパンにゴマ油を熱し、おからをさらさらになるまでしっかり煎って豆臭さをなくす。糸コンニャクを加えてさらに炒める。
  • (3) 糸コンニャクの水気が飛んで弾力が出たら、マヨネーズ、牛乳を加えて炒め合わせる。塩、コショウで味を調える。
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について