日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

私の「カラダ資本論」

60歳から実践!「シミ取り」のススメ【エレコム葉田社長】

第3回 コスメ用品はデパートの化粧品売り場へ自分で買いに行きます

 葉田順治=エレコム社長

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今日はエレコム社長の葉田順治さんの第3回目。
「日本一の健康マニア」を自認する葉田さんは、実は「美容」にも詳しく、シミ取りで若々しい肌を実現している事実を明かしてくれた。

 ビジネスでは「見た目の健康」も大切です。とくに経営者はその企業の顔であり、イメージも左右しますから、その意味でも身だしなみや体型の維持などには気を配っています。

 男性ホルモン治療を始めてから、筋トレの効果が高まり、体も引き締まってきたというのは前回(「男性ホルモン治療で、ゴルフ飛距離260ヤードに」)お話した通り。久しぶりに会う方に「スラッとしましたね」「若返りましたね」などと言われると、やはり嬉しいものですよね。

 その男性ホルモン治療に加えて、実は最近はシミ取りなどのアンチエイジング療法も受けています。

どうですか、私の肌。実は、シミ取りのレーザー治療も受けているんです。
[画像のクリックで拡大表示]

「男性もぜひシミ取りを! 印象が全く違います」

 アンチエイジング療法を始めたきっかけは、人間ドックを受けたときに、皮膚科で顔にあった赤いシミを指摘されて、レーザーで取ってきれいになったことでした。もともとシミが結構あり、一つ取ったことでほかのシミも気になるようになったんですね。

 シミ取りのレーザー治療を受けると、一時期的にシミが濃くなり、やがてかさぶたのような状態になりますが、1週間くらいで元に戻ります。なので、週末や年末年始、お盆休みの前などに受けることが多いですね。治療後は濃くなった部分が目立たないようファンデーションでカバーしています。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について