日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

私の「カラダ資本論」

私が仕事より運動を優先するワケ【GMO熊谷社長】

第3回 時間を有効活用する“ながら”のススメ

 熊谷正寿=GMOインターネット会長兼社長・グループ代表

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今回はGMOインターネット会長兼社長で、グループ代表も務める熊谷正寿さん(52歳)の第3回だ(第1回は「『1000人に1人』のカラダはこう作っている」、第2回は「私が『余命』をカウントダウンする理由」)。
実は熊谷さん、50代になってから仕事より運動を優先するようになったという。気になるその理由は?

 運動、特に、筋力トレーニングは、週2回のペースで30年以上続けています。今では自宅にジムを作り、プライベートトレーナーの指導も受けています。50代になってからは、職場の仲間たちに「仕事よりも運動を優先する!」と宣言しました。

筋トレ歴はかれこれ32年に及ぶ。週2回、1回あたり1時間前後が基本
[画像のクリックで拡大表示]

 体の状態がベストでなければ、仕事のパフォーマンスも悪くなりますよね。同じ内容を伝えるにも、体の調子がいいときは、背筋を伸ばして、胸を張って、堂々と話せます。ところが、体調が悪かったり、筋力が衰えてきたりすると、背筋が丸まり、覇気もないように見えて、言葉の説得力すら失われてしまうものです。

 「仕事より運動を優先する」というのは、ちょっと極端な言い方かもしれません。現実には、仕事を優先せざるを得ないこともありますから(笑)。ただ、繰り返しになりますが、運動で筋力を鍛えることは、高いパフォーマンスで仕事をこなすうえで何より重要だと思っています。そうした私の考え方を端的に表現したフレーズが、「仕事より運動を優先する」なのです。

 トレーニングは1回当たり、1時間程度かけて行っています。メニューは上半身の肩や背中、上腕二頭筋や三頭筋、下半身の大腿四頭筋や大臀筋、ふくらはぎなど、全身の筋力を鍛えます。ベンチプレスで100kgを3回上げられるので、筋力はかなりあるほうだと自負しています。

 筋力トレーニングをしない日は週に4~5日ですが、その半分は、トレッドミルを使って歩くようにしています。早歩き程度が一番脳が活性化するので、角度を7度程度つけて、時速4.5~5.0kmくらいのスピードで30分程度歩きますね。心拍数は100~110以上には上がらないように注意しています。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について