日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

私の「カラダ資本論」

「1000人に1人」のカラダはこう作っている【GMO熊谷社長】

第1回 食事では「長寿遺伝子」活性化を意識

 熊谷正寿=GMOインターネット会長兼社長・グループ代表

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月はGMOインターネット会長兼社長で、グループ代表も務める熊谷正寿さん(52歳)にご登場いただく。
上場企業8社を含む86社、総勢4400名以上のスタッフ(2015年6月末時点)を率い、多忙な毎日を送る熊谷さんは、人一倍、健康管理に気を使っている。熊谷流、健康管理の5つの習慣とは?

 私が実践している健康習慣のポイントは5つ、「長寿につながる食事」「7.5時間の睡眠」「定期的な運動」「測定・検査を通じての管理」「ポジティブシンキング」です。「仲間と一緒に、社会に貢献できる素晴らしい仕事をしていきたい」という志を抱いた20代前半から、この5つのポイントを意識して、それぞれさまざまなことを実践してきました。そのおかげか、今年で52歳になりましたが、人間ドックでは同年代の方と比べて、検査数値の良さを驚かれることもあります。あるときには、「1000人に1人レベルの数値の良さ」と言われたこともあるんですよ。

「人間ドックでは、『1000人に1人の数値の良さ』と驚かれたこともあります」
[画像のクリックで拡大表示]

長寿遺伝子を活性化する食事を意識

自身の食事に気を付けるだけでなく、スタッフが食事をとるコミュニケーションスペースでも、GMOインターネット社の特別顧問で医学博士の根来(ねごろ)秀行さん監修のメニューを提供する。
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、「食事」のことからお話ししましょう。近年、長寿遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」の研究が進んでいます。このサーチュイン遺伝子を活性化するには、一般的に必要とされる摂取カロリーを7割程度に抑えること。そして、赤ブドウの皮などに含まれるポリフェノールの一種、「レスベラトロール」を摂取することが有効だということが分かってきているそうです。私はこの研究が注目される以前から、摂取カロリーをコントロールしてきました。

 夜はどうしても接待などの会食が入るので、その際はなんでも美味しくいただきます。一方、朝食は少量のフルーツとヨーグルト。昼食は野菜サラダと、豆腐やチキンなどの低脂肪のたんぱく質にとどめ、間食はしません。ただ、少し集中力が切れてきたなという時に、常に持ち歩いているブドウ糖を摂取することもあります。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について