日経グッデイ

私の「カラダ資本論」

社内喫煙率を低減へ、運動会を30年振りに復活【ミズノ 水野社長】

ぎっくり腰の病み上がりにゴルフをして大反省

 水野明人=ミズノ社長

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康管理術を紹介する本コラム。今回は、大手スポーツ用品メーカーであるミズノの水野明人社長にご登場いただいた。スポーツを通して人々の健康に貢献するミズノは、2016年には社内向けに『健康経営宣言』を行い、2018年には『健康経営優良法人』にも選定されている。最終回は社員の健康管理に対する取り組みと、自ら元気でいるための秘訣について語ってもらった。

 これまでは自分の健康への取り組みについてお話しましたが、スポーツ用品メーカーを経営する立場としては、社員にももちろん健康でいてほしい。2016年に従業員一人ひとりの健康増進への取り組みを社内で推進するために『健康経営宣言』を行い、2018年には『健康経営優良法人』に選定されました。ミズノはスポーツ用品の会社として、顧客の健康も考えながら商品を開発しています。そういう企業であるからには、まずは社員から健康になろうということです。

[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、「肥満などの生活習慣病予備軍の低減」「メンタルヘルス不全による休業人数の低減」「重大疾病(がんなど)の予防と早期発見」「喫煙人数の減少」の4項目を推進しています。

健康経営宣言で社員の喫煙率を低減へ

 健康経営宣言をする前の2012年には、生活習慣病の予備軍を減らすために『健康サポートシステム』を立ち上げていました。これは社員が過去5年分の健康診断の結果をチェックできるシステムで、検査項目が基準値を超えたら赤く表示されるのです。社員自身が健康状態の経年変化を確認することで、体の状態をチェックできます。

 ミズノでは元々がアスリートの社員が多いし、生活の中で健康管理に気を付けている社員も多かったので、健康サポートシステムの導入によって社員の健康が大幅に改善されたということはありません。ただ、調べてみたら喫煙率が男女合わせて23.3%もありました。これは健康にとっては、百害あって一利なし。でも、強制的に止めさせることはできない。自分から止めるようにしてもらいたいと思って、健康経営宣言の中に盛り込んだのです。その効果が見えてくるのはまだこれからですが、会社の支援を生かして、社員自身が自らの意思で行動を変えていってほしいと思います。

 私にとってゴルフが健康管理の一部になっているように、社員も何らかのスポーツを続けて、健康になってもらいたいと思っています。そこで関西では駅伝大会を行ったり、全社的には「ミズノファミリースポーツデー」という社内運動会を30年振りに復活させたりしています。もちろん強制ではなく、自分の意思での自由参加です。結構みんな楽しんでいるようですよ。

 そのほかにも、野球や柔道、サッカー、バスケットボール、自転車、テニスなど、たくさんのクラブ活動が行われています。学生時代に本格的なスポーツをやっていた社員も多いので、自然発生的にできてしまいました。もちろん、初めてやる種目のクラブに入る社員もいますね。

 昔はゴルフ同好会もあって、研修会と称する練習もありました。私も初心者だった頃に参加しまして、そこでかなり鍛えられましたね。中には体育会ゴルフ部出身の社員もいますから、本当に練習がキツイ。契約プロまで来るコンペもありますから、その時は真剣勝負でした

ぎっくり腰の病み上がりにゴルフをして大反省

 普段の仕事では、スポーツ関連の連盟や協会に挨拶に行くための出張や、週末のスポーツイベントに出ることが多いので、本社の中にいることは少ないです。著名なアスリートといろいろ話せたり、さまざまなスポーツを観戦できたりという役得があるので、楽しい仕事です。外出や出張がストレスになることはありません。むしろ、社内でじっとしているほうが苦手ですよ(笑)。

 以前にぎっくり腰になった時があって、その直後にヨーロッパ出張が控えていました。飛行機に乗るのはちょっとしんどかったですが、それでも出席しました。2週間の出張が終わりに近づいたら、腰の痛みがだいぶなくなってきていた。最終日は仕事が入っていなかったので取引先とゴルフをやってしまったら、腰がめちゃくちゃ痛んだんですよ。1カ月くらいで治りましたが、無理はいけませんね。それくらいじっとしているのが好きではないです(笑)。私にとっては外出すること、人と会って話すことが、元気になるための糧になっているのだと思います。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

水野明人(みずの あきと)さん
ミズノ 社長
水野明人(みずの あきと)さん 1949年兵庫県生まれ。関西学院大学から米国イリノイ州ウエスレイアン大学に留学し、1974年に同大学経営学部卒業。75年ミズノ入社。76年に関西学院大学商学部卒業。大学2年時、6名のチームで関西学生バスケットボール新人戦に挑み、多人数のチームを破って決勝進出。決勝戦では強豪の同志社大学に敗れたが、一致団結したチームワークで準優勝。84年に取締役就任。2006年に56歳で代表取締役社長に就任。