日経グッデイ

私の「カラダ資本論」

ドライバーの飛距離ダウンは仕事よりストレス【ミズノ 水野社長】

大阪マラソンのチャレンジランは6年連続で完走

 水野明人=ミズノ社長

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康管理術を紹介する本コラム。今回は、大手スポーツ用品メーカーであるミズノの水野明人社長にご登場いただく。スポーツを通して人々の健康に貢献するミズノは、2016年には社内向けに『健康経営宣言』を行い、2018年には『健康経営優良法人』にも選定されている。体育会バスケットボール部出身の水野さんは、毎朝の筋トレに加えて、週末のゴルフや時にはマラソンとスポーツ三昧の日々を楽しむ。2回目はゴルフやマラソンを楽しむ秘訣について聞いた。

 意外に思われるかもしれませんが、仕事でストレスを感じることはありませんね(笑)。社会奉仕を目的とする「ロータリークラブ」に入っていて、もう30年ほど毎月、会合に通っています。そこである講演の講師から「この中にストレスを感じない人はいますか」と聞かれて、私を含めて半分くらいが手を上げたんです。そうしたら「そういう人たちが周りにストレスをまいているんです」と厳しい指摘を受けました。「そうか、自分が相手にストレスを感じさせていたんか」と反省しましたね(笑)。

[画像のクリックで拡大表示]

 実際は仕事でストレスをためないために、最初から最悪の事態を想定して事業計画を立てるようにしています。最初から一番良いシナリオを想定してしまうと、思う通りにならなくなった時にストレスになる。そこで最悪の事態よりもマシだったら、まあ良しとする。最悪なのは会社が潰れることですが、そこまで行かないのであれば、何とかなるだろうと。逆に急成長は求めず、少しずつ業績が積み上がっている状態がベストと考えます。日経グループでは取り上げにくい会社かもしれませんね(笑)。

仕事よりゴルフの不調がストレスに

 それよりも、趣味のゴルフでうまくいかないほうがストレスになっているかもしれません(笑)。学生時代からちょこちょこやっていましたから、もう始めてから45年以上になります。スポーツイベントなどに出席しなければいけない時以外の土日は、ほとんどゴルフに行っていますね。年間100日はプレーしているはずです。

 ストレスになるのは、以前はできていたことが年々できなくなってくることです。例えば、2~3年前と同じ感覚でドライバーを打ったのに、当時よりずっと手前でボールが止まっていると、体力の低下を感じてストレスがたまりますね。自社の最も優れたクラブセットを使っても、年々飛距離が落ちてくるのだけはカバーできませんよ(笑)。

 ゴルフのためのトレーニングは特にしていないのですが、衰えをできるだけ少なくするために、前回お話ししたスクワットとカーフレイズを毎朝実践しています。それでも飛距離が伸びることはありませんが、それをアプローチやパットでカバーできた時には爽快な気分になります。

 ゴルフはたまに仕事の付き合いで行くこともありますが、友達や知り合いと仕事には関係ないことを喋りながら、自然の中を歩くことがリフレッシュになります。休みの日に家でゆっくりすることはありませんね。今年は雪で何日か中止になりましたが、家でぼーっとしていると、「一体、一日何をしていたんだろう」と考えてしまいます。

 今年は白内障の手術をして、医者から1カ月のゴルフ禁止を言い渡されました。特に天気のいい季節ですから、家にいてだんだん日が暮れてくると、何だか寂しい気持ちになっていましたね。私にとってのゴルフは、心と体の健康を維持するため、最大の栄養素と運動になっていることを実感しました。

大阪マラソンのチャレンジランで社員と一体に

 ほかのスポーツの活動としては、大阪マラソンのチャレンジラン(8.8km)にも、第2回から第7回まで6年連続で出場しています。出場する前には、もちろん4~5回はランニングの練習をします。もっと練習すれば本番が楽なのかもしれませんが、あまり時間も取れませんし、実はそれほど走るのは好きではないんですよ(笑)。でも、オフィシャルスポンサーになっていて、自社製品を身につけて走るのですから、途中で棄権するわけにはいきません。

 実は自分では全く出場する気がなかったのですが、社員たちが勝手にエントリーして「社長、走ってください!」と言われて、止むを得ず出ることにしました。それでも、全部完走しているのは誇りです。完走の記録になる制限時間は1時間50分ですが、8.8kmの距離を1時間10分前後で走り切ります。走っている最中は、もちろんキツイいですよ。フルマラソンを走り切ることが、どれだけすごいのかがよく分かります。

 社員がペースメーカーとして一緒に伴走してくれますが、私が遅いから、彼らにとっては迷惑でしょうね。「俺より前を走ったらあかんで!」と言ったりしますから(笑)。しかし、社員と一緒に走るというのも、またいい気分ですね。残りが1kmくらいになると「まだ走らなきゃいけないのか」という気持ちですが、それが800m、600m…と減ってゴールした瞬間は、「やったでぇ!」でという爽快な気分ですよ。また社員が勝手にエントリーすると思いますが、動ける間は続けていこうと思っています。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

水野明人(みずの あきと)さん
ミズノ 社長
水野明人(みずの あきと)さん 1949年兵庫県生まれ。関西学院大学から米国イリノイ州ウエスレイアン大学に留学し、1974年に同大学経営学部卒業。75年ミズノ入社。76年に関西学院大学商学部卒業。大学2年時、6名のチームで関西学生バスケットボール新人戦に挑み、多人数のチームを破って決勝進出。決勝戦では強豪の同志社大学に敗れたが、一致団結したチームワークで準優勝。84年に取締役就任。2006年に56歳で代表取締役社長に就任。