日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 筋肉質体型を30年維持、その秘訣は?【ミズノ 水野社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

筋肉質体型を30年維持、その秘訣は?【ミズノ 水野社長】

第1回 森光子さんがライバル!

 水野明人=ミズノ社長

 様々な分野で活躍する一流人が実践する健康管理術を紹介する本コラム。今回は、大手スポーツ用品メーカーであるミズノの水野明人社長(68歳)にご登場いただく。スポーツを通して人々の健康に貢献するミズノは、2016年には社内向けに『健康経営宣言』を行い、2018年には『健康経営優良法人』にも選定されている。その指揮を執る水野さんも、毎朝の運動習慣によって30年間同じ体型を維持するなど、健康管理に余念がない。1回目は運動と食事の秘訣について聞いた。

 学生時代はバスケットボール部に所属していて、トレーニングもかなりハードでした。太ももがかなり太くなってしまい、筋肉が邪魔をして正座ができないほどだったんです。当時はズボンをウエスト長で合わせて買うと、太ももがパンパンで入らない。ですから、太ももが入るサイズを買って、ウエスト部分を詰めてはいていたほどでした。

[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、社会人になって運動と縁が切れると、どんどん細くなってしまいました。年齢を重ねるにつれて、趣味のゴルフではドライバーの飛距離も落ちていく。60代が近づいてきて「これは何とかしなくちゃいけない」と思い始めましたね。

朝起きてからのスクワットで足腰の筋力維持

 そこで、健康維持の一環として、ハーフスクワット(立ち姿勢から大腿部が45度程度傾くまでお尻を落とすスクワット)を朝起きてから300回やることを日課にすると決めました。きっかけは森光子さんが毎朝200回やっているという話を聞いたからです。それならば自分にもできるだろうと思って、60歳の頃から始めました。

 やり始めると、とことん突き詰めないと気が済まない性格なので、一時は回数が増えてしまって、1日に550回やっていました。ところが、それが原因かどうかは分かりませんが、ゴルフの何気ない動きでギックリ腰をやってしまって…。それからは300回に抑えることにしました。やはり、やり過ぎはあまり体に良くないのではないかと反省して、少し自制したんです。

 年を取ってくると減りやすいのは太もも周りの筋肉である大腿二頭筋や大腿四頭筋で、それをカバーするにはスクワットが良いという記事も読みました。加齢により衰えていく部位をしっかり鍛えることが大切だと思います。

 スクワットを終えたら、両足を揃えてかかとを上げ下げするカーフレイズも300回やります。おかげでふくらはぎの筋肉もかなりしっかりしていますよ。ある日、自宅で電球を替えるために脚立に乗ったら、「あら、ふくらはぎの筋肉がクッキリ割れているわよ」と妻に言われました。

 海外出張に行った時もこの習慣は欠かせませんね。いつまでも元気でいるには、運動をして足腰の筋肉を維持することが何よりも重要と実感しています。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.